記事一覧

そしておしまい。


 
と、いかにも出発してツーリングの話にいくとみせかけ・・・・
まだ、まもちさんのお話が続きます。
なんでも果敢にいじり倒す、イジリーマンまもちさんですが、
他にも凄いことがあります。
彼には、温度、季節、天候、昼夜などという概念は全く存在いたしません。
冬だろうが、雨が降ろうが、台風が来ようが、夜だろうが、関係なく走ります。
雨にも負けない、風にもまけない、
まるで宮沢賢治のような男です。
今回も台風の中、がんばってキャンプをするぞ!といえば
必ず喜び勇んで来たことでしょう。
それくらいのことは彼にとっては楽勝です。
すごいぞ!それでこそアドベンチャー!!
実は私は夜にバイクで走るのは好きではありません。
ツーリング中も、なるべく暗くなる前にキャンプ場を決めるようにしています。
なぜなら、景色もなにも見えないまま、
走り続けていても僕にとっては何も楽しくないからです。
ところがイジリーマンまもちさん、
いや、改めケンジミヤザワまもちさん、
深夜にキャンプ場にたどり着いて、それからキャンプだとか、
テントを張った後に町に繰り出してカラオケ三昧だとか、
なんでもありだそうです。
ほほ~~~すげ~~な~~
でも、深夜にカラオケ行ったら、キャンプっぽくなくなりそうだけど・・・・
などと、野暮のことを言ってはいけません。
いいんです。楽しみ方なんて人それぞれ!
僕は夜に走ることが楽しくないから出来ませんが、
それを楽しめるのなら、どんどんやっちゃってください。
そんな4人は、ジイジがオススメするなんちゃら山へ向かって走り出します。
書き忘れてましたが、土山から東へ向かったあたりから、
天気はどんどん良い方向へ向かい、
まもちさんと合流した浜松では快晴になっておりました。
そんな中、先頭を走るのはまもちさんと74さん。
僕は誰かが連れて行ってくれるなら、すべてお任せ派です。
お任せするからには文句もいいません。
ひたすら黙ってついていきます。
市街地を抜けるとほどなくしてクネクネ道へ入ります。
その手前で一旦休憩したとき、ジイジと僕のバイクを交換しました。
 

 

ジイジは初のハーレー体験だそうです。
でも僕のウルトラかなり古いので、いまどきのハーレーとは随分違いますよ。
パワーもないし、動きもギクシャクするし、
慣れていないとまず、ニュートラルにも入らないですよ。
でも、いいんだそうです。
じゃあ、よろしく。
ということで交換して走り出します。
ジイジもバイク経験も長いので、初めてのバイクでも余裕で走ります。
そして4人でぐいぐいとクネクネをお山のてっぺんを目指して走りました。
まもちさんも74さんも、このバイクを選ぶだけあって、走りも鋭いです。
楽しくいいペースでライディングできました。
頂上の駐車場に到着。
 


気温もずいぶん下がりとても涼しく感じます。
そこで74さんがご用意してくださったノンアルコールビールで乾杯!
最高の気分です。
そして、ここでもまたおしゃべりが続きました。
この日がキャンプ泊できるのなら、もっとたくさん走って、
お話はご飯を食べながら出来たのですが、
あと少ししたら帰らなければなりません。
思い残すことのないように、延々としゃべり続けてるのですが、
なんとも話は尽きることがありません。
ただ、ゆっくりと太陽は傾き、オレンジ色に変化していきます。
さあ、じゃあ帰る方向に向かいましょうか・・・・
しかし、みんな少し走り足らない様子なので
ちょっとだけ遠回りして高速に乗るべく走り出しました。
74さんがまた先頭、まもちさんがあとを追います。
74さんはブロックタイヤですが、速いです。
この人にはタイヤの差など、特に問題にならないのでしょうか・・・
まもちさんもぴたりと追走します。
なかなかのペースです。
その2人にウルトラでついていくには、
ウルトラの限界点で走り続けなければなりません。
なんせ、最高出力が50馬力弱・・・
レッドゾーンはわずかに5,000rpmです。
そして重量は350kg以上あり、ADVと比べれば120kg以上の差です。
常に限界の加速、そして限界のブレーキングで操作です。
もう走りは十分に堪能できました。楽しかったです。
山から下りると、どこかの村で祭が行われておりました。
辺りも薄暗くなりつつあります。
ここでまもちさんとはお別れです。
このあと、どうするの?まっすぐ帰るの?
いえいえ、信州のほうへ寄っていこうかと・・・・
え?台風来てるよ、大丈夫?
友達のところに寄っていこうかと思っているので大丈夫です。
明日は仕事では?
そうです、だから深夜には帰ります。
なんだか、すごいぞ。さすがはケンジミヤザワ!
今から夜走って友達の家に行き、その後、夜中に家に帰れればいいです。
とのこと・・・・
いやあ、本当にバイクが好きなんですね。
きっと、台風が真上にあっても、やっぱり信州へ寄り道するんだろうなぁ。
などと思いながら送り出しました。
そのあと、74さんとも高速でお別れし、
来た道を逆にたどっていきます。
西へ向かうと雨だろうな~と思っておりましたが、
特にそういうことも無く、最後にジイジとお別れし、
新名神から名神を通って帰宅いたしました。
家に着いたとたん、雨がざーーーっと降ってまいりました。
なんとか、天候ももってくれて助かりました。
あとでまもちさんがmixiにアップしたつぶやきで知りました。
まもちさんはやはり信州の友人のところへ行き、
そして、そのままカラオケをしらふでツーリングウェア着たまま熱唱し、
神奈川の自宅に着いたのは夜中の2時過ぎだったようです。
本当に凄い人はたくさんいるものです。
そんなことを家で家族と話しながら、
まもちさんにもらったお土産とジイジにもらったお土産、
どちらも食べながら台風の体育の日を過ごしました。
ごちそうさまでした。おいしかったです。
おしまい。
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR