記事一覧

2020/04/19 アフリカツイン1100、蒼兎 納車

世間はコロナで緊急事態宣言。
外には出るな、とのお達し。
そんな時に年始に注文していたアフリカツイン1100が納車となった。

IMG_8442_R.jpg

IMG_8441_R.jpg

なんという不運・・・・
こんな時に、おまえの乗れないなんて・・・
清志郎かよ!

アフリカツイン1100 アドベンチャースポーツ エレクトロニクスサスペンション 
デュアルクラッチトランスミッション タイプS

正式名称を書くと1行では治まらないので、省略して記載すると

アフリカツイン1100 AS ES DTS タイプS

なんじゃ、そりゃ??な、名称。
まあ、名前なんてどうでも良い。
カッコいいだからそれでいいじゃない。

所詮、バイクはカッコ!
自分がカッコいい!!と思うバイクが一番なわけで、
俺はこのバイクがカッコええ!と思ったわけで、

IMG_8449_R.jpg

どう、この面構え!
こんなバイクある??

IMG_8443_R.jpg

メーター見てみ?

IMG_8484_R.jpg

これ、夜間モード
まだ、夜に乗ったことないけど。。

すごすぎ!
バイクもここまで進化したのね~~
嬉しすぎ!!
俺は割とハイテク、好きです。
旧車は旧車で魅力はあるけど、古くて壊れるの怖くて遠くへ行けない、とか、
そんなのあり得ないわけで。
バイクは遠くまで自由に乗ってこそ、バイクなわけで。
やっぱり、新しくて安心してどこまでも行きたいな。
それとハイテクは関係ないけどね。

KTMアドベンチャー乗ってて、すごく良かったこと。
走りながら、ワインディングで気持ち良く走りたくなった瞬間、
サスペンションのダンパーとパワーを手元のボタンひとつでコントロール、
停車することなく、ビビッドなエンジンフィールと堅いサスペンションセッティングに変更、
これは本当に便利だった。
そして、ワインディングを抜け、またのんびりルートに戻れば、
ゆるいエンジンフィーリングと柔らかなダンパーに戻す。
これほど便利なバイクは無かった。
一度、エレクトリカルサスペンションに乗ると、もう変えられない。
そこで、今回もアドベンチャースポーツにはES仕様を選択した。

そして、タイプS
当初、国内は先行発売されたヨーロッパと違い、当初からサスペンションがローダウンされた
短足仕様しか発売されなかった。
まあ、販売数を考えると、そっちの方が戦略的にいいのかもしれないが、
そんな方針だったため、モデルチェンジ後も買い換えを躊躇していた。
しかし、年末にこのタイプS、ヨーロッパと同じサスペンション仕様の期間限定発売が決定した。
もう、これで躊躇うことは何も無い。
買おう!
となったのだ。

まあ、あれこれ、これ以上書いても仕方が無いので、この辺で
すっげえ、良いバイク!!

早速名を与えよう
このときよりお前を「蒼兎」と呼ぶ。

蒼兎よ、早く乗りたい・・・






スポンサーサイト



コメント

No title

アフリカツイン 小さい私から見ると デカい!の一言。
遠くからでも 大きさを感じる。

と たまに見かけて いつも思います。

楽しみですね~(^◇^)

デカくてカッコいい!

ありがとうございます。
デカくてカッコいいバイクですよ~~
ワタシと一緒で笑

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR