記事一覧

低粘度オイルは効果あるのか?

2019/12/31

さて、2019年最後の日、ワタシは何をしていたかというと・・・・
年の締めくくりはやっぱりチョイノリのチューニングでした。

チョイノリのオイルは安物でよい!
というご意見もありますが・・・・ワタシはちょっと違った見方をしております。
平成になってから生産されたバイクの中では、最も遅いこのバイク(検証はしてません・・・)
できる限り、あらゆる抵抗を下げれば、必ずや、パワーアップにつながると信じております。
先のワンウェイバルブもそうでした。
単純にクランクケース内の空気抵抗を減らすだけで、見事にパワーアップを果たしました。
(パワーは主にコースでの最高速、登坂能力で判断します。)
よって、ピストンとシリンダーの抵抗もできる限り減らすことができれば、
絶対にパワーアップするはず!とにらんでいたわけです。

IMG_7452_R.jpg

右がこれまで使っていたオイル。左が今回選んだもの。
右は部分化学合成の10W-40
左は完全化学合成の5W-30

IMG_7453_R.jpg

粘度が低く、低温での始動性向上が見込まれる5Wの方が、10Wよりも当然抵抗も低いはず!
また、「シンセティック全化学合成、小型バイクのオススメ!」と謳われているのだ!
Inkedazoil_eg251_1_LI.jpg
さらに値段も高い!4Lで4400円!
他にも所持している大型バイク、KTMアドベンチャーのオイルと同等のお値段!
また、アドベンチャーでは非常に快適なフィーリングだったため、信頼もある。
これならば!と信じて買った一品
さあ、どうだ!

オイル交換。
まずは交換前のデータを取ったあと、基地へ戻ってドレンボルトを外す。
いつもなら、ドバァっと飛び出すオイルがほとんど出てこない!
んん??どったの??
お、オイル注入口のキャップがまだだった。
と思って、外しにかかるのだが・・・・
なんと、なかなか外れない。ようやくネジを回して外そうとすると。。。
ポン!と音まではしなかったが、そんな手ごたえがあり、ようやくオイルが落ちてきた。
どうしてかというと・・・
前回、施術したワンウェイバルブ、あの効果でクランクケース内が
完全に負圧になっていたため、オイルも落ちてこないし、キャップも外れにくくなっていたのだ。
これは確かに優れモノ!改めて実感した。

さて、それでは再びワタシの所有する広大な私有地でテスト走行と参ろう。
その日によって環境もバイクの状態も変化するので、必ず事前走行と事後走行とで比較する。
      オイル交換前        オイル交換後
Aコース  50.6k 1m09s      46.5k 1m12s
Bコース  20.1k 46s         19.6k 46s
Cコース  25.7k 36s         24.4k 39s
Dコース  23.8k  39s                   23.7k 40s
Eコース  27.6k 24s         26.9k 25s

なんと!!
全コースで全滅という結果になった。
全く理解出来ない結果に唖然・・・・
しかし、これが科学だ!実験結果が示したとおり、
低温用5W-30のシンセティック全化学合成オイルが、
10W-40の部分化学合成オイルに破れた・・・・
これで信じていた持論が一つ、崩れ去った。

しかし、その理由はなんだろう・・・・
このオイルは添加物が多く含まれる。
もちろん、それはピストンとシリンダーを保護するのが目的なのだが、
その保護皮膜が厚すぎるのだろうか?
思い当たる点といえばその程度しかない。
それこそ、低価格の鉱物オイルの方が添加物も少なく、
抵抗が少ないという見方もあり得なくもない。
確かに、このメーカーの他の種類のオイルをアドベンチャーで使用すると、
カストロール パワー1よりもミッションのクリック感がしっかりとしている。
つまり、固いということだ。

さあ、どうしよう・・・4Lで買ってしまったこのオイル。
他にもバイクがあるから、そっちで利用するが、
やはり気になるのが、他のオイルで試した際の結果だ。

今しばらくはこのままでテストは続ける。
他の手段でチューニングした際、それ以外の条件さえ一致していれば正しい結果が得られるはず。
もう少し考えて、他のオイルも後日試してみよう。
第一候補はカストロール パワー1 5W-40
これもお高いのだが、アドベンチャーで使用した際のシフトの柔らかさから、
なにか良い予感がする・・・





スポンサーサイト



コメント

低粘度オイル( ゚д゚)!

オイル循環機構上(耳かき方式)ソコソコの粘度のオイルが良いのでしょうかね??
チョイノリは奥が深いですよ(・∀・)ニヤニヤ

確かに!

まつきちさん、
たしかに今回は失敗しました。
しかも、オイルをたくさん余らせることとなって・・・・
ホント、奥が深いですねぇ

No title

自分はいかに安いもので走らせるかを面白がっていましたけど(サラダオイルとかww)
一度、チョイノリオイル缶というものがあったので、
ネタで、それを購入して入れてみたことがあります。
スズキのエクスターオイルでしたが、
なんか調子よかったような…気がしてました。

なかなか性能評価で有意差が出るほどではないのですが、
オイルはエンジンの血液みたいなものですから
何かしら影響はあるはずですよね。

そうなんです!

はちまるさん
予測と実験、うまくはまる時は嬉しいですし、
そうじゃないとき、どうして違ったのか?
ということを研究するのは、面白いですよね。
はまってしまいます!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR