記事一覧

最近のチョイノリ

みなさま、
新年明けましておめでとうございます。

さて昨年末より、チョイノリも密かに、チマチマと、手をいれていました。

さて、あまりに簡単で費用対効果が絶大だったものをご紹介します。

2019/12/08 施術

IMG_7492_R.jpg

さて、これはなんでしょうか??
これはクランクケースからエアフィルターへブローバイガスを送るチューブです。
そのチューブを外し、先にワンウェイバルブを付けるだけ!
ワンウェイバルブをヤフオクで検索、
たくさんのサイズが出てきますが、チューブの直径は6mmなのでそれに合うサイズを選択。
そしてこのように接続。
ちなみに公道走行する際は、ワンウェイバルブの先をちゃんとエアフィルターに接続します・・


さて、東京ドーム10個分くらいあるワタシの私有地でテスト走行したところ・・・・
以下にコースと最高速度、タイムを記載

     ワンウェイバルブ無し    ワンウェイバルブ有り
Aコース  47.4k 1m10s      48.3k 1m8s
Bコース  18.5k 48s         20.3k 46s
Cコース  23.0k 40s         24.5k 38s
Dコース  22.9k  40s                   25.0k 39s
Eコース  26.9k 25s         27.0k 24s

ということで、全域で最高速度とタイムの向上がみられた。
これだけ多くのコースで試して、結果が出ているということは、もう疑う余地が無い。

仕組みとしてはクランクケース内でピストンが下がったときに、
閉ざされたケース内にある空気が圧縮され、
ブローバイガスとしてチューブから排出されるのだが、
ピストンが上がるときは、ケース内は逆に負圧になって、チューブからガスが吸い込まれる。
この仕組みを利用して、チューブの先にワンウェイバルブを取り付けると、
排出されたブローバイガスは、ピストン上昇に合わせて吸い込まれることがなくなる。
ケース内はほどよい負圧の状態が維持され、ピストンが上下する際の空気抵抗が減る。
この技術はすでに利用され、車でも取り付けられていたりする。
ということで、なんにも新しい技術でもないのだが、
元々、出力が驚くほど小さなこのチョイノリには、必ず効果があると信じていた。
それが見事に的中!非常に満足度が高い!!
このような小さな努力の積み重ねが、必ずや、結果として表れることを信じて、
チョイノリチューニングを続けていこう!!







スポンサーサイト



コメント

オォォオォォ〜

キッチリ数字に表れてますねぇ( ゚д゚)!
チョイノリは色々やってもプラシーボ効果並みだったりしますが・・( ゚д゚)エェッ

元気があればなんでもできる!

まつきち先輩!
そんなことありませんよ!
やる気と元気があればなんでもできる!
信じることこそがすべてです!!

No title

いいですね!
試してみたく思います。

次の巡礼は自走ですから、
少しでも性能アップしておきたいところです。

はちまるさん

ぜひ、試してみて下さい。
まつきちさんは効果がなかったということでしたので、
できるかぎり、いろんな方に検証をして欲しいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR