記事一覧

昨日の続き

今朝も雨にはやられてません。
しかし、夜は寒かった。
アプリで周辺の気温を見ると8度!
おそらく、このキャンプ場はさらに1度くらいは低いでしょう。
しかし、今年に新調した寝袋のおかげでぐっすりでした。

朝は気温の低さとすごい湿気のために、
テントがびちょびちょ!
テント内も湿気で寝袋もジメジメ。
これはしばらく太陽が上るのをまつことにして、日記でも…

ああ、説明長い…

川を渡る度に橋の上でバイクを停めて下を覗くことを繰り返しました。

これが結構めんどい。
しかし、また鮭の群れが見れたりするかも?と思うとついつい停まってしまいます。
で、再び見つけました。








産卵期を迎えた真っ赤になった鮭がたくさんいます。

そして2匹がクネクネと身を摺り寄せて横倒しになったりしてます。
ドキュメンタリー映像なんかで見た、産卵シーンと同じでした。
おお、こんなとこで産んでるんか~
なかなかの感動でした。
繰り返し停まって探した甲斐がありました。

さて、この後は美深林道というのにチャレンジです。

せっかくのアドベンチャーなんですから、ダートも走ってみないと!

ツーリングマップルにも初心者から上級までとあるし…

しかし、時間が遅くなってしまった。
すでに夕刻。
太陽も傾き出してる。

ダートの一番の危険はもちろん、転倒。
そして、崖から落ちるなんてことも考えられるし、
引き起こした後でも走行出来ない可能性もある。
普通の道なら携帯もつながるし、車も通るが、
今から行く道はどちらも期待出来ない。

さあ、覚悟はいいか?
自分に自問自答して前進。

しばらくはそれほど厳しくない硬い砂利道。
しかし、予想を裏切る最初の問題発生。

ナビに道が示されない。
拡大しても見つからない。
おーのー
これはやばい。
単純な1本道ならいいが、すでに幾つかの分岐があった。
だいたいの勘で選んで進んだが、万一歩いて引き返す自体になったら、
完全に遭難する可能性もある…
やばいなあ、道あってるのかなぁ…
ナビは進む方角だけは分かる。
しかし、クネクネの曲がった道は目的地方向に向いたり、逆にも向いたり…
そうこうするうちに、砂利が深くなって来た。
完全にタイヤが流れる。
リアだけではなく、フロントまで流れ出した。
これは怖い!
フロントに加重するためにスタンディングしてハンドル位置ぐらいに体重を寄せると少しマシになるが、この態勢をずっと維持するのも辛い。
そして、さらに道はエグくなりスタンディングでもフロントが流れ出す。
もう、怖い怖い!
なんでこんな怖いことをあえてやろうとするのか。
それは馬鹿だからです。
バイク乗りは所詮、馬鹿なんです。
馬鹿じゃなければこんな無駄で危ない乗り物にのりませんから。

そして、ギリギリの綱渡りになればなるほど興奮するものなんです。

携帯も圏外、車も全く通らない、道の悪さは経験したことないほどひどい、
何度も転倒しそうになりながら堪え、
ひたすらゴールを目指す。
途中、何度もしんどくて休憩を挟みながらも走り続ける。



写真見てなんだ、たいしたことないやん、とは言わないで~
たいしたとこは、降りて写真撮る余裕もないから~

そしてなんとか、1時間以上かけて脱出です。



まあ、大変でした。

最後に道の駅で




この日は音威子府の無料キャンプ場に泊まりました。



湿気がすごい!
まだ乾かない!
スポンサーサイト



コメント

No title

楽しんでますねぇ。
羨ましい限りです。
ていうか、飛び出す勇気が無いだけです。

No title

飛び出してみましょう!
そこには自由が広がります!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR