記事一覧

2019/10/11 エンジン分解

2019/10/11 エンジン分解

チョイノリ仲間からいただいたエンジンを分解し、理解してみよう!

IMG_6233_R.jpg


セル付き、後期型のエンジンです。
見ただけでは前期か後期かはよく分かりません・・・・

IMG_6235_R.jpg

とりあえず、ばらす前にオイルを抜きます。
300ccほどなので、ペットボトルを切った状態でギリセーフ。
なんか、まっ黒!!

IMG_6236_R.jpg

フライホール側

IMG_6237_R.jpg

ミッションオイルも抜きます。
こっちは綺麗。

IMG_6238_R.jpg

ここがOHVのシリンダーヘッド
今や、OHVエンジンなどあまり見ることもないが、
バルブとロッドが見えるのがなかなか楽しい。

IMG_6239_R.jpg

クリアランスを調整ということなので、やってみた。

IMG_6240_R.jpg

フライホイールを外し、コイルを外す。

IMG_6241_R.jpg

このケースを外す。


IMG_6244_R.jpg

メインスタンドを外すところ。

IMG_6245_R.jpg

なんやかやで一気にばらす。
カムやロッドなどが見えてくる。

IMG_6247_R.jpg

これがチョイノリの一番の特徴、樹脂カムか!
なるほど、こりゃ、削れるわ。

IMG_6248_R.jpg

こんな形で収まります。

IMG_6250_R.jpg

このとき、なんと!ケースからこんなカケラが出てきた!なんじゃこりゃ??

IMG_6251_R.jpg

大きさはこれくらい!でかい!!
これはシリンダーを外してみないと。
しかし、シリンダー外すには反対側のクラッチ方向もバラす必要が!
面倒だけど・・・・やってみよう。

IMG_6252_R.jpg

これはクラッチ側

IMG_6253_R.jpg

また次回に書くが、ノーマルの状態でベルトはクラッチのこの位の位置に引っかかる。
また、ベルトはきっちりと張った状態。

IMG_6254_R.jpg

プーリーとクラッチを取るとこんな状態。
ケースを止めているネジを外してシリンダー分解へ。

IMG_6255_R.jpg

シリンダーは単体ではなく、クランクケースの上半分と一体となっている。

IMG_6256_R.jpg

こんな形でクランクケースが縦ではなく横に半分に割れます。
なので、クランクを取り付けるためにベアリング圧入の必要がなくなる。
ここは作業工程を減らすのに貢献しているのでしょう。
ただし、ピストン交換という作業がケースを割らないと出来なくなっている。
この安いバイクは、ピストンやシリンダーが逝ってしまったら、
バイクごと交換ということでしょうか?

IMG_6257_R.jpg

クランクケースを上下に挟んで止めているネジを外す。

IMG_6258_R.jpg

クランクケースがお目見え。
こっちが下半分
あれ?ピストンはどこ?

IMG_6259_R.jpg

こちらは上半分。
なにかおかしい??

IMG_6260_R.jpg

ピストンはシリンダーにへばりついてました。
おー、まい、ごっど!!

IMG_6261_R.jpg

ピストンはむちゃくちゃ、ぼろぼろ


IMG_6262_R.jpg

シリンダ-だけでも・・・・とおもったけど・・・・
修復不可能な傷だらけ。
この傷さえ無ければ、とても綺麗な内面だと思うのだが。

IMG_6264_R.jpg

アップにするとなおひどい。こりゃ、無理です。

IMG_6265_R.jpg

クランクケースから出てきた残りの破片。
Cリングもきっちり2本、出てきました。
あ~~あ~~~

ということで、このエンジンは再利用はあきらめました。
ざんねん!!

スポンサーサイト



コメント

衝撃のピストン・・

エンジン提供されました某師がTwitterで嘆かれておりましたが・・・こんなピストン、見たこと無い・・
((((;゚Д゚))))一体、どーやって、こーなったのか??

Re: 2019/10/11 エンジン分解

見事な壊れっぷりでしたね。
どうやったらこんな風になるでしょうか?
オイル交換を全くせずに、ノーマルのスプロケのまま、
下り坂で60キロくらいまでぶん回したらこんな風になるのかな?
他に何かどんな風にしたらこうなるのか聞きたいですね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR