記事一覧

2019/09/15 聖地へ向けて その2

リアタイヤを外す。
これもチョイノリでは初の試みだが、他のバイクでは良くやっているので、特に問題はないだろう。

写真 2019-09-15 12 23 49_R

リアタイヤにはまっているドラムブレーキ。
カブならワイヤーとかいろいろ外さないと取れないのだが、さすがはチョイノリ。
タイヤの軸を抜いて、タイヤをこじるとドラムブレーキはそのまま外れる。
超楽ちん

写真 2019-09-15 12 23 55_R

リアスプロケ、ちっさ!

純正スプロケと比較

写真 2019-09-15 12 29 21_R

重ねてみると・・・

写真 2019-09-15 12 29 43_R

こんなに大きさが違うんです!

写真 2019-09-15 12 35 02_R

もちろん、スプロケが大きくなるので、チェーンも新調。
こちら、純正品
さあ、プーリーはそのままでスピードチェック!

写真 2019-09-15 13 01 02_R

ま、予想通り、全くスピードが出ない。当たり前か。
じゃ、次はプーリーを!

写真 2019-09-15 13 23 12_R

駆動系のケースを開けるのも今回が初。
いやあ、まっ黒・・・・
これってちょっと大丈夫なのか・・・・

写真 2019-09-15 13 37 40_R

プーリーを外して中を見ると・・・
なんと、ウェイトローラーは6個では無く、3個。
しかもどのローラーもすり減って、角張っている。
これでは変速がうまくいかないだろう。いまいち加速や最高速が遅いのにもうなずける。

写真 2019-09-15 13 38 05_R

スライドプレートの裏もまっ黒。
その黒く削れた者の正体は?ウェイトローラーのかすではないようだ。
となると、削れたベルトのかすなのか???


写真 2019-09-15 13 38 28_R

今回、導入するKOSOのハイスピードプーリー
なぜ、KOSOなのか?
それはね、チョイノリのパーツって、もうほとんど無いのです。
これがあっただけでもキセキ・・・

写真 2019-09-15 13 39 19_R

ウェイトローラーの重さは8g
やっぱり軽めです。同じ50ccでも、JOG系は15gくらいだったはず。
しかし、新しいウェイトローラーは綺麗で気持ちいい!!
KOSOの印字もいいです。(すぐ削れて消えるけど)

写真 2019-09-15 14 14 16_R

あかん!
スプロケを純正に戻し、純正チョイノリに対応のハイスピードプーリーにしたのに・・・
全然、スピードが出ません・・・・ダメだこりゃ


写真 2019-09-15 14 31 44_R

とっととスプロケを以前の25丁のものに戻しました。
純正スプロケじゃダメでした。
(一応、ウェイトローラーの重さを軽くしてみたりしましたが、速度は上がらずあきらめ)





スポンサーサイト



コメント

チョイノリは奥が深い・・

初コメします~
チョイノリの手っ取り早いスピードアップは、リアスプロケ交換でしょう・・・
前期型の4穴だとKSRのスプロケがポン付けできますので、25Tにしている方が多いです・・
ワタシはライダー重量の関係で?30Tにしてます。。

No title

まつきちさん
私のチョイノリは購入時から25Tでした。
しかし、スタート加速と坂の上りが極端にひどかったため、
ノーマルをわざわざ新品で購入して試してみたものの・・・・
やっぱりいまいちでしたので、25Tに戻してます。
そのうえでハイスピードプーリーを組んでみたら、
意外とそっちの方が結果が良かったですね。
結構奥が深いです。
30Tは何用ですか?
ノーマルと25Tとの中間的な感じでよさそうですよね。

30Tは・・

XAMサンとこで歯数変更してオーダーしました。
KSRの29Tにした方が大変安上がりでしたが・・
純正36Tと高速巡航25Tの間をとり、エンジン回転低減と登坂力の両立を考え30に。
でも、登り坂は大変苦手・・・( ゚∀゚)・∵.

No title

まつきちさん、
ありがとうございます!
KSR用29Tがあるんですね
また、機会あったら試してみます!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR