記事一覧

北海道厳冬期雪中ツーリング その3

フェリーに乗り込んだのは、なんと深夜1時過ぎ!
そして、バイクを固定されて船室に入ったらもう出航…
定刻から1時間遅れの出発です。



当たり前ですが、バイクは僕一人。

まあ、こんなモノ好きは滅多にいないでしょう。

船で早速お風呂。
外洋に出るとかなり揺れるらしく、外洋に出たらお風呂は使用禁止だそうです。

お風呂から上がって、酔い止め飲んで酒を飲んだらすぐに寝ました。
おかげで全く船酔いは無し。
酒の酔いだけです。

朝飯、カップ麺
昼飯、カップ焼きそば

暇つぶしに船内をウロウロ、
廊下を歩くと体重が急に軽くなったり、急に倍くらいになったり…

大きく船が上下に揺れているようです。
まっすぐ歩きたいのに右におっととと、左におっととと、
泥酔した飲兵衛みたいな歩き方しかできません。
結構、面白かった。
酔い止めのおかげか、全く気分は快調そのもの。
楽しい船旅でした。
しかし、これだけ波があると船足も遅れるようで、苫小牧着はやはり2時間半の遅れ…
予定では20時半着が23時…
苫小牧市内までは20キロある。
ホテルは予約しているがおそらく到着は24時。
深夜に初の凍結路面を走るのはかなり恐ろしい。
しかし、これを乗り越えなくては…仕方がないのである。
フェリーからなんとか降りた。



いちおう、記念撮影。
さあ、市内に向けて走るか!

と恐々と走り出す。
まあ、特に問題なく走れそうかな?
なんて、気を抜いて最初の交差点で右に曲がろうとした瞬間!
バイクを寝かした途端にステーンとこけた!
あああ、
無転倒記録を作るつもりで慎重に走ったつもりが、いきなりの転倒か…

バイクを起こそうとするが足が滑って自分が立てない。
おお、こういうことなのか…
なんとか立ってバイクを起こしてもまた、自分がこける。
なんとか、路面に対して垂直に力を加えるようにしてバイクを引き起こした。
ああ、先にアイゼン付けてれば良かった…

バイクを起こしたらすぐにアイゼンを取り出して装着。
次の転倒に備える。
そういえば、転倒したらレッグシールドは必ず割れることを想定していたが、寒さのせいで異様に硬さを増したアクリル段ボールは、その程度の転倒にはビクともせず、意外にも足を挟むガードの役割を十分に果たしてくれた。
うーん、助かった。
バイクをなんとか引き起こして、ブーツにアイゼンを装着して走り出す。初めて見つけたコンビニで少し休憩。



ここまで来るだけでなかなかの恐怖…

果たして明日から走り続けられるのか…

なんとか20キロほど走ってホテルにたどり着いた。







うーん、明日からが心配…
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR