記事一覧

大野山アルプスランド 猪名川天文台

2015/1/3
2015年の初ツーリングは、ハンターカブにしました。
前回の湖北ツーリングに引き続き、北伐といたします。
(北伐とは三国志に出てくる言葉で、北を征伐するいくさのことです・・・)
実は意外と近場に北伐にふさわしい場所があることを知りました。
大野山アルプスランドにある、猪名川天文台です。
大阪と兵庫県の境、うちからカブでも2時間以内にいける場所です。
昨年から下見なんぞをしていて、いつか、ここでキャンプしようと狙っていました。
今年は1月1日から雪が降っていました。
我が家の北摂でもかなり積もりました。
これはいける!と思い、2日にいろいろ準備を整え3日に出発です。
とはいえ、2時間足らずで到着してしまいますから、
家を出たのは午後2時でした。
そこから万博の北にある彩都、豊野町、与野、野間峠と進んでいきます。
野間峠までくると随分と雪が多くなり、路面でも解け残った雪が残っています。
当然、道路脇は真っ白です。
妙見山登山口の駐車場は完全に雪に埋もれていました。
これは確実に、天文台は雪に埋まっているな、
期待は膨らんでいきます。
街道をはずれ、登山道へ進みます。
車が多く通る街道はすぐに解けてしまう雪も、
車の通りも少ない登山道はかなり解け残っています。
やはり、わだちとわだちの間の真っ白な部分に乗り上げると、
かなりハンドルも取られ、リアタイヤも空転しました。
結局、無難なわだちに沿って走ることになりました。
 

 
 
今回の目的は新しく導入したコンテナの積載テスト、
ノーマルタイヤの完全雪道での走行テスト、
新しいキャンピングギアのテスト、
などでした。
前回、防水バッグに荷物を入れていました。
それでも特には問題は無いのですが、次なる野望へ向けての第一歩です。
ノーマルタイヤのテストも、前回の湖北では気温がやや高く、
雪が解けかけだったため、割としっかりと雪を噛んで、
それほど不安が無かったのですが、
これも野望のために、もう少し難易度が高い状況で
テストしたかったのです。
そして、新しいギアのテストです。
これは前回は用心してかなり良いものを使ったのですが、
それはそれでかさばるため、省スペースなものに変更して試してみました。
内容は後述します。
 
さて、湖北の平らな駐車場に残った解けかけの雪とは違い、
斜面を覆う、しっかりと凍てついた雪はかなり滑ります。
やはり難易度は高いです。
それでも、上りオンリーの道はライディングテクニックでしのげる程度でした。
上りはアクセルを閉じれば停まりますし、
タイヤを空転させれば何とか前には進みますから。
高度を上げるにつれ、雪の深さはどんどんと増していきます。
そして、もう限界か?と思われた頃、ゴールが見えました。
天文台へ到着です。
 
 

 


なかなかの感慨深さです。
我が家からたった2時間で、これほどの満足感が得られるとは、
本当にお得な気分です。
天文台手前の100mほどは歩いて上ります。
ラッセル、とまではいきませんが、かなり足は沈み込んでいきます。
そして、てっぺんにたどり着きました。

 
素晴らしい景色に思わず息を呑みます。
ひとり、はしゃいで小躍りしたくなるような気分です。
 



 

 
そこで、景色を写真に収めたり、
ポケットに忍ばせたビールでひとり乾杯をしたり、
ひとり遊びが続けられます。
 


 

 
湖北も楽しかったのですが、今回はその数倍はうれしいです。
この景色を独り占めか~~~
こうした気持ちは一度味わうと病みつきになります。
月とすっぽんほどの差はありますが、
植村直己さんが一人で山に登った気持ちがなんとなく分かります。
さあ、いつまでもはしゃいでばかりはいられません。
すぐに日も暮れてきます。
テントを張り、食事の用意です。
 
 


夏場のキャンプのように米をたいてレトルトで、
というパターンから最近は脱却を図っています。
特に今回は行程も短いので、雪中キャンプを楽しむようにしました。
前回から使用を始めた一人用BBQコンロを使います。
これに木炭ではなく、練炭を使います。
コンパクトな上、運搬も楽、
着火性能に優れ、燃焼パターンも均一、完全燃焼して灰しか残らない。
雰囲気は木炭には劣りますが、まあ、かなり機能的です。
これで餅を焼きます。正月気分が盛り上がります。
それを脇に隣では鍋の用意です。
 
 


野菜と肉をほんだしで煮込んでポン酢でいただきます。
鍋つくりに集中しすぎて、餅を焦がしてしまいましたが、
これはこれでご愛嬌。
おいしく食べられました。

 
 

 
スーパーでなるべく少ない量のものを選びましたが、
やはり一人で食べるとなると、結構な量です。
お餅も食べたし、腹がはちきれそうです。
焼酎も一緒に結構飲みましたので8時には既にうとうとしてきました。
まあ、飯を食べてしまえば、することもないし、
結局、9時前には眠ることにしました。
さあ、明日が楽しみ・・・・・
と思いきや・・・・
深夜にえらい事になりました。
真夜中に目覚めました。
なんだか、寒気がします。
シュラフに包まった足やお腹はあったかいのですが、
とに
かく背中と腰が異様に冷たいのです。
おお、どういうことや・・・・
先日、買ったばかりのいい値段のするマットやのに・・・・
前回の雪中キャンプではウレタンフォーム入りのエアマットを使いました。
これはマットに付いたバルブを開けると、ウレタンの力で自然にある程度ふくらみ、
あとは呼気でマットを膨らませて好みの固さでバルブを閉じると、
とても快適なベッドが出来上がる、というものです。
夏のキャンプでもこのウレタン入りマットの2.5cm厚の薄いものを使っています。
前回は雪中ということもあり、ウレタンがかなり厚い、5cm厚のものを使いました。
ウレタンが厚くなると、当然、エアを抜いたときもある程度の厚みがあります。
エアを抜いて丸めても、テントと同等の体積を占めていました。
当然、バイクキャンプは積載量に限りがあり、
睡眠にとって大切なマットとはいえ、小さいに越したことはありません。
今回用意したマットは、省スペースを優先させた、
内部にウレタンフォームのない、エアだけのマットでした。
当然、内容物のないこのマットは空気を抜けばペッタンコ、
布を折りたたむように小さく、小さく折りたためます。
それでいて、膨らませたときの厚みは8cmもあり、ウレタン入りよりも厚くなるのです。
これは暖かそうだ。
という期待をこめての起用だったのですが・・・・
どういうわけか分かりませんが、とにかく背中と腰が冷えます。
起き上がり、トイレに行き、テント内でお湯を沸かしてテントを暖め、
そのお湯で焼酎のお湯割を作って体を温めます。

 
なんとか寒さが治まったところで再び横になるのですが、
しばらくすると、また寒さで目が覚めます。
そこからトイレ、湯沸し、お湯割り、横になる・・・・
と朝まで繰り返すことになりました。
本当に辛い夜になってしまいました。
なんとか朝まで耐え忍び、テントで残った水で湯を沸かして
カップ麺を食べました。もう、最後の水でした。
あとは、何か飲みたくなれば雪を溶かすしかありません。
とりあえず、そうなる前に撤収です。
テントの中の雪のかけらや氷は、溶けずに残っています。
どうやらテント内も朝まで氷点下だったようです。
何もかもが氷点下だったため、
テント自体はぬれずに片付けは楽です。
しかし、テントを脇にどけたときに、あることに気付きました。
ちょうど、テント内で私の背中や腰が置かれたいた部分の雪が溶けていました。
テントの下、10センチほどはあった雪が全てなくなり、
地表が見えていました。
そして、その雪解けをみて、謎が解けました。
あの異様な寒さはマットの中身に問題があったのです。
これまで使用していたウレタンフォーム入りマットの場合、
体に近い側にあるウレタンフォームの気泡の中の空気は体熱で暖められます。
つまり、体から熱を奪って温まるのです。
また、地表に近い側の気泡内の空気は、地表により冷やされます。
つまり、こちらは空気から熱が地表に奪われるのです。
しかし、ウレタン入りマットは、気泡内の空気は移動することなく、
体側の気泡内空気と、地表側の気泡内空気が交わることはありません。
ですが、空気のみのマットの場合、
体から熱を奪った暖かい空気と、熱を地表に奪われた冷たい空気が、
互いに交じり合い、熱を交換してしまい、
冷たい空気が体から再び熱を奪い、
また、暖かい空気が地表に熱を与え、
体から熱をどんどんと奪いながら、雪を溶かし続ける、という循環を繰り返すのでした。
これは辛い!
しかし、よくこんなマットを登山用として売っているな!
とここで怒っても仕方がありません。
謎が解けただけでも良しとしましょう。
次回にはウレタンフォーム入りにすればよいのだし、
野望のためには、今回は勉強になってよかったわけです。
気を取り直して撤収を続けます。
この猪名川天文台。上りの道と下りの道は違う道となっています。
通常、車が登るときはタイヤにトルクが掛かっているので、
雪も早く解け出します。
逆に雪の抵抗でブレーキをそれほど掛けなくても、
ゆっくりと転がりながら下りてこられる下り道は雪も解けにくいです。
念のために、リアタイヤにバイク用チェーンを取り付けてスタートしました。
 

 
 

 
案の定、下りはほとんど雪が解けずに、真っ白な道路が続きます。
横がどこまでが道なのか、よく分かりません。
片側が崖になっている箇所もあり、大変怖いです。
 


しかも、完全に凍結した上に粉雪が乗っている状態で、
チェーンのないフロントに少しでもブレーキを掛けると、
瞬間にホイールがロックしてしまい、タイヤは横に流れ出します。
凍結路面、氷点下の雪面とはこのような感じなのか・・・
やはり、湖北とは条件が全く違っていました。
怖くて、一切フロントブレーキは使えません。
ひたすら、エンジンブレーキとリアブレーキのみです。
何箇所か、写真を撮ろうとして停車するのですが、
完全停止してから、ブレーキを掛けてもタイヤが滑り出します。
わずかに斜面になっているだけで、ツルツルとバイクが横に移動します。
要するになかなか停まれないのです。
 


そして、停まった、と思ってバイクを降りると、
今度は自分の足が滑って転びそうになります。
いやはや、こういうことなのね。
野望達成にはまだまだ遠いようです。
やはり、いくらブロックタイヤとはいえ、
ノーマルタイヤにチェーン無しでは、全く太刀打ちできないということです。
もし、今回、このタイヤチェーンを用意していなかったら・・・・
まっすぐ走る分には何とかなったでしょうが、
減速や停止は一切できず、コーナー手前で何十回となく転倒、
もしくは崖から転落、という自体になっていたと思われます。
本当に危なかった。
しかし、バカなバイク乗りというのはおかしなもんです。
ようやく、アスファルトが見える場所まで下りてくると、
大きな達成感と、とても満足な気分に浸れるのでした。
 
自ら進んで危ないところへ向かい、
そして、帰り着いて満足する・・・・
なんと愚かな事を繰り返すのでしょうか・・・・
バカは死ななきゃ治らない。
昔の人はよく言ったものでした。
おわり
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

年始早々 やってますね(笑)

No title

47さん、
やってます。野望のために…笑

No title

アドベンチャーですね(^。^)
流石です!

No title

> mugaさん
ありがとうございます!
これをKTMで行ければ、もっとすごいですよね~~~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR