記事一覧

はじめてのようせつ

ようやく手に入れた半自動溶接機!
で、はじめての溶接作業はこんなもの作りました。

じゃじゃじゃん、
これはハーレーのスポーツスター用のエンジンガード。
というより、ここまで大きいと転倒ガードといったほうがよいか??
でも、ハーレーに取り付けるわけではありません。
何に取り付けるかというと・・・
カミさんに買ってやったエストレヤにです。
へ~~、ぽんと簡単につくんか??
なんて、思われたら大変です。
簡単には付きません。
で、とりあえず、取り付け用の金具の製作を始めたのでした。
ただし、作業に当たっては、ハーレー用ガードは加工しないことにしました。
カミさんの運転が上達して、ガードが不要となった時点で、
再びハーレー用エンジンガードとして転売しますので。
そのためにあーでもない、こーでもない、と頭で妄想を繰り返し・・・・
たどり着いた形がこれ!
 

 
 

 
 

当然ですが、ガードの上下で取り付け方法も向きも違ってます。
なので、金具も上下で異形
さらにこの形、どっちが上でもそこそこ、いい感じになります。
ということは、取り付けてから逆さにしたい、と思うことがあるかも?
ということで上下を後から入れ替えることもできるようにしたい。
そんなことを考えながらの作業でした。
で、溶接技術も未熟ですが、なんとかくっついた!
塗装は、とりあえず、ガチャガチャぶつけてもはげ無いように、
垂れてもいいから分厚く!
ということで、とっても不細工な金具が完成です。
ですが、ここからさらに難関があります。
実はフレーム下部には、金具の横から差し込むボルトが通る穴が元々あいてます。
しかし、フレーム上部にはそんなの全くなし!
ということはフレームに穴を開けなければならない。
しかし、フレーム強度は落としたくない。
となると、穴を開ける部分には鉄板を溶接して厚みを出して、
穴からフレームにクラックが入ることを防がないといけないわけです。
ただ、ガードをぶら下げているだけならあまり気にしなくてもいいでしょうが、
転倒して大きな力が、フレームに開けられた穴にかかるとなると、
そこそこ、しっかりと補強しなければならないのでは?
さあ、フレームはどうやって作業を始めようか・・・
ガレージに電源の無い環境で、悩みは尽きません。
 
 
しかし、だんだんとハンターのブログから遠ざかっていきます・・・・・悲
スポンサーサイト



コメント

No title

なかなか良い感じで仕上がってますね!!

フレームへの取り付けですが U字ボルトを使ってステーを作れば 何とかなりそうな感じですね

★立ち転け専用と割り切ったほうが 気楽に考えられますよ

No title

47さん、
ご意見をうかがう前に、しっかりとフレームに穴が開きました・・・・笑

穴を開けた以上、補強板の溶接はマストですわ~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR