記事一覧

ハイウェイ・ペグ

CT110にハイウェイ・ペグってどうでしょう?
もちろん、CT110は小型ですからハイウェイ(高速道路)は走れません・・・・
 
CT110は最低地上高も高く、ステップの位置も高めです。
短時間のご近所周りは何の問題もありませんが、
膝を深く曲げたままの長時間のツーリングの時など時々足を伸ばしたくなります。
あー、ハーレーみたいなハイウェイ・ペグがあればな~~~
あれに脚を放り出して走ったら楽チンだろうな~~~~
と思ってCT110をよく見るとハイウェイ・ペグを取り付けるにはちょうどい所にエンジンガードがあります。
ハーレーのエンジンガードに比べればかなり細身なのですが、
エンジン前部に、それもハーレーと似たような場所にエンジンガードがしっかりあります。
あそこにハーレーのハイウェイ・ペグが付かないかな~
と思って検索してみると、CT110に付けている人ってあんんまりいないようです。
しかし、ハイウェイ・ペグ自体はハーレーのパーツにしては結構安いです。
左右二本で2000円程度です。
これならたとえ失敗してもそれほど悲しくもないだろう。
ということで、注文してみました。
すぐに商品は着たのですが、結構頑丈で重量もあります。
さあ、うまく取り付けられるでしょうか。
 
とりあえず、ハーレーよりも細いCT110のガードに巻くわけですから、
ゴムを何重か巻いてちょうどいい厚みを見極めて固定してみました。
 

 
結構、見事に装着できました。
ただし、パイプの周りにゴムが巻かれており、それ自体が厚みを持っています。
ペグに脚をかけて少し力を入れるとペグがわずかに動いてしまいます。
 
さあ、これをどうしたもののか・・・・
とホームセンターに出かけあれこれ悩んだ結果がこれです。
 

 
10mmの長ネジを買ってきて、左右のペグに渡します。
それをUネジでペグにしっかりと止めます。
左右を同様に止めると左右のペグがしっかりと1本のバーとして固定されました。
これでペグに脚を載せて踏ん張ってもびくともしません。
 
その上、使わない時には
 

 
ちゃんと、このように折り畳むこともできるのです。
素晴らしい。
 
テストランもしてみました。
 
さすがにここに脚をかけて立ち上がろうとは思いませんが、
ある程度、力を加えても大丈夫でした。
しかし、本家ハーレーに比べればペグ自体がそれほど遠くないので、
90度以上曲げていた脚を100度程度に広げられる、という感じでしょうか。
スクーターのステップの一番後ろのシートの下あたりで踏ん張っていた足が、
ステップの一番前にハンドル下あたりにきた、という雰囲気です。
それでも随分楽になりました。
また、しばらくはブレーキを全く使わなくてもいいような場面では、
アキレス腱あたりをペグに乗っけて脚を一直線に伸ばすこともできます。
これはチョー楽チン。なんだか違う乗り物に乗っているようです。
しかし、当然操作性は落ちますので直線だけしかしませんが。
 
わずかに3000円以下のカスタムとしては見た目も使い勝手も大きく上がりました。
個人的にはとても満足しています。


転載元: HONDA CT110 from AUSTRALIA 2010

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR