記事一覧

REDBULL X FIGHTERS in OSAKA

僕がKTMというバイクに惹かれた、
そして購入への決意が固まった理由、
それを語る上でこのイベントは欠くことができません。
 
REDBULL X FIGHTERS in OSAKA
 
昨年、このイベントを後輩と一緒に見に行きました。
そして、大阪城をバックに空中を飛び回るバイクを、
その中でひときわ輝く、KTMを目にしたのでした。
それまでずっと悩んでおりましたが、ここで決意が固まりました。
 
KTMを買おう!
 
そして、その決意どおりバイクを手に入れ、今日に至っています。
そのX FIGHTERS
大阪城での2年連続開催が決まりました。
今年は昨年よりもいい席で見ようよ!
と再び後輩を誘って、予選、本線と2日連続での観戦となりました。
今回はツーリングとはあまり関係なく、
この観戦の模様をお伝えします。
 
5/24
環状線の大阪城駅で降りると、
陸橋の下に、時々街中でみることがあるREDBULLのキャンペーンカーがずらり!
 


ほ~、どこからどこまでのを集めたのかは知らんが、
日本にこんなにたくさんのキャンペーンカーがあったんや!という驚き。
そして、駅から大阪城を挟んで反対側に位置する会場を目指すと、
太陽の広場という広大な敷地があるのですが、
そこではちょうどX FIGHTERSと同じ土日に
「タイフェスティバル」というイベントを開催しておりました。
このイベントは知ってていったのですが、なかなかの盛況振りでした。
 

 

民族芸というのでしょうか、フルーツカービングとか、
タイのタクシーである、トゥクトゥクなんかも展示。
 

 


このトゥクトゥク、イベント側が用意したものではなく、
全てが個人オーナー所有のマイカーで、
タイの政府広報?かなにかの呼びかけに応じて参加しているようです。
実は僕の友人もこのトゥクトゥクのオーナーで
自身のマシンを1台、出品しておりました。
にぎやかなフェスティバル会場の出店で、
タイ料理を大量に?(一応、韻を踏んでます笑

タイビールで流し込んで、X FIGHTERSに臨みました。
会場手前にはこんなオブジェが飾られ、わくわくしてきます。
 

 
昨年はA席(VIP/S/A/立ち見)で、要するに椅子席の一番下、
結構、バイクは遠く、見えにくかったのは確かでした。
そして、今年は一番いい席で!ということでVIP席を奮発したのでした。
すると、そのVIP席は・・・・
なんとランチ付だったのです。
VIP席入り口でお弁当は要りませんか?
と声を掛けられ、既に腹はタイ料理とビールでパンパンでありながら、
ハイ!
お肉とお魚、どちらがいいですか?
(なんと、機内食みたいではないか!)
じゃ、お肉で
差し出されたものがこちら
 

 
豪華なお弁当箱・・・

そしてその中身は・・・・
 

 
いったい、このお弁当、いくらするんだろう???
しかもお肉とお魚と・・・
あまったらどうすんだ!
しかも、イベント記念の手ぬぐい付!
 

 
そして、VIP席専用のバーがあり、
そこではREDBULLが飲み放題!
そんなに飲んだら鼻地がでるっちゅうねん!
そして、ビールやアルコール類は200円
VIP席の外のバーではREDBULL300円、
ビール400か500円でした。
とにかく、VIP待遇の満足感を存分に味わえるお席です。
いやいや、さすがに高いだけあります。
1時間前に会場入りして、のんびりとお弁当を食べ、
さあ、予選が開始!
席から見た眺めは・・・
 
 


こんな感じ。
iPhoneで撮影してもここまで寄れます。
ゲーム中は観戦に集中しておりましたので、
ご覧になりたい人はyoutubeで探してください。
 
こんな感じで予選、決勝と二日間の興奮を味わいました。
 
決して他で見ることのできないイベント
こういうのはとても素晴らしいものですね。
 

 
 

 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

熱い飛びを観戦なさったんですね!
しかし、VIP席がとんでもなく待遇がイイのに驚きました

REDBULLのキャンペーンカーってナンバープレートが全て同じ?!?!

No title

VIP席は本当に文字通り、VIP待遇ですよ!
昨年はもっとすごくて、コースの目の前までテラス席で、そこへREDBULLコスチューム来た女性がグラスにお酒を注いでいました。それを見て、いつかはあのVIP席へ!とメラメラと思った次第です。
今年は理由はしりませんが、少し大人し目、他の席の人からはそれほど差別が分からないようになってました。笑

書いているうちに面倒になって割愛しましたが、本番日はシェフが目の前で料理をするバイキング、ドリンクもビールが付いてて、XFIGHTERSのロゴ入り記念座布団が付いてました。
強烈です!

No title

あ、そうそう、ナンバー、本当ですね、気づきませんでしたわ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR