記事一覧

北海道冬季ツーリング 北伐 五日目

眠い
昨夜は大荒れでほとんど寝れなかった…


このあたりは冬場、夜はずっと風が吹き続けるそうです。
温度はそれほど低くはないものの、風による体感温度はかなりのもの。
その風のせいで・・・・・
飯を作れば、テントが暴れて鍋はひっくり返るし・・・・
バーナー再点火の際、火が立ち消えしてバーナーからガソリンが噴出し、
こぼれたガソリンに引火してしまい、テントが火達磨になりかけて、
慌てて回りの雪を掛けまくって消火したり・・・・
寝ようと思ってもテントがバサバサとうるさく、耳栓をしたりとか・・・
それでもテントの壁が頭や足元をバタバタとはたいてきたりとか・・・・
もう、それはそれは、熟睡できる環境ではなかったです。

夜が明けてよく見ると、テントのグランドシートには大穴が開いていたり、
一晩中、パニアケースとこすれていたフライシートに穴が開いたり、
本当に一晩でえらい目にあいました。
でも、そんなこんなも覚悟の上でのツーリングですから文句は言えません。

でも、朝の景色は素晴らしい。





砂湯からかすかに温泉のぬくもりが漏れているのでしょうか・・・・
岸辺の周辺だけ氷が溶けています。
そのわずかな隙間にハクチョウたちが集まっています。
こいつらのガアガアっていう鳴き声も夜中のあいだ、うるさかった!!




相棒と白鳥



まさに白鳥の湖ですね。



さあ、昨晩入れなかったコタン温泉にやって来ました。
もちろん、素っ裸lになって入りました。
頭を濡らすとすぐに凍ってしまいますが、そのときはまたお湯をかけて・・・



ハクチョウたちを眺めながらの入浴です。
贅沢です。



ここでも相棒と記念撮影。



ほどよくぬくもったところで再び走り出します。

このまま一気に南へ!
と思ったのですが、「摩周湖」の看板が目に入ると、
反射的にウィンカーを出してしまいました。
まあ、こんな天気で見れるわけもないか・・・・
とは思いつつも、雪で真っ白な道を上っていきました。



やっぱり、寒いです。



ダメ元で上った摩周湖でしたが・・・・
なんと、見えました。
しかもくっきりと!

なんだか、すごく得した気分でした。



今日も絶景がたくさん見れました


スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんわ^
自分お所の近くですよ
砂湯は自分もブログよくにUPします

No title

> メドベージェフさん
そうでしたね!
なかなかさむかったですよ、
風が強くて難儀しましたわ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR