記事一覧

北海道冬季ツーリング 北伐 第三日 その3

構造は単純だし、単に溶接の技量が低くてもげただけなんで、
グラインダーで削り直して、バチバチッとやれば
プロなら30分もあればできる内容だ。
しかも、俺はどこから見ても旅の人
明日おいで、とは言えない雰囲気…笑



飛び込んだその場でほとんど何も言わないまま作業が始まった。


交わした会話は、
コレはなにかい?鉄かい?アルミかい?
くらいだったか?
鉄です。
自分でやった溶接が悪くて外れました。
これがないと走れません!


まあ、嘘ではない。
おじさんらが黙々と作業してくれて、あっという間にくっついた。



錆びたらいけね~から錆止め、塗っとくか?
白じゃなくてもいいか?


なんでも結構です。
ありがとうございます。


何度もお礼を言ったあと、
お金を払わせてください。


というも、そんなのいらね、


お昼ご飯代くらいでも…


暇だったからいい、


という事でありがたく恩を受けました。





















100円ショップで今後のために針金買うも、使わず。


ヒモでバッグの留め具を直してほぼ元どおり。



スポンサーサイト



コメント

No title

まずは無事でなにより

先の寒波到来時 私の住まい近辺の最低気温が日中でマイナス2度でしたから 今年は北海道 暖かいのでしょうか?(十分寒いですが...)

ポッキリ行くのは何となく予想していましたが 良い板金屋があって良かったですね プロの溶接ですから今後の安心度はかなり上がったのではないかと思います

この先の無事を祈るばかりです

No title

> 47uF16vさん
やはり、素人仕事は隙がありますね…

ただ、横に張り出したバーはビクともしなかったので満足です。
もげたところは一番気になってたところなんで、ああ、やっぱり…
という印象ですが、日本最北端の街にもちゃんと板金屋ありましたね!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR