記事一覧

北海道冬季ツーリング 北伐 第二日 その2

これは覚えております。
ケンとメリーの木
だいたい、いまどき人って「ケンメリ」なんて知っているのでしょうか???
これを知っているだけで結構なオジサンなんじゃないでしょうか???





遠くの峰峰が連なるさまがとても美しいです。
これだけ見えるのは晴天のおかげですね。
富良野に立ち寄って良かったです。







全部雪のくねくね道
なかなか楽しかったです。
しかし、ドリフトして楽しめるほどの腕はありません・・・・
雪の上の感覚を楽しむ、という程度です。



あかん、これも何の木やったかな・・・・
まあ、きれいだからいいか。



ここは日本か?
というような光景がずっと続きます。
やはり、この季節に来てよかった。
普通のライダーには感じることのできないこと、
見ることのできないものを独り占めできます。

上富良野、美瑛で散々うろついた後、北へ目指します。
今夜は朱鞠内湖を経由して麓まで行ければ、
と思いつつ走っていると幌加内の道の駅に温泉がありました。
露天の雰囲気がとても良いと思います。
もちろん、お湯も良かったですね。





日が暮れかけてきたな・・・・
と思ってから暗くなるまでが結早いです。
なんとか、真っ暗になる前に朱鞠内湖に到着。
キャンプ場の案内看板が目に入りました。
まあ、この季節にやっているわけは無いでしょうが、
なんとなく、どんなところか見ておきたくなって立ち寄ると・・・・
凍った湖に穴を開けて釣りをする、
カサギ釣りのお店がこの季節に営業を続けておりました。
いや、この季節だからこそでしょう。
夏はマスなども釣れるそうで、年中釣り小屋をやっているようです。



ここに泊まれるなんて、まったく考えておりませんでしたが・・・・
あまりに周りの風景がすばらしかったので、

道の片隅で良いので一夜の寝床を貸してください・・・・
お水も分けていただけると助かります・・・・
(江戸時代かよ?笑)

と声をかけると、気持ちよく、
じゃあ、今除雪しているところが終わったらテント張っていいよ、
とのありがたいお返事をいただけました。
そして、お水も汲ませてもらい、
夜中もトイレは開けておくから使ってよいとのこと。



除雪が済むまで湖の上を散歩してみました。



この穴から糸を垂らしてワカサギ釣るようです。
すでに穴が凍りかけています。

遠くにはすばらしく美しい夕焼けが見えました。

























スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR