記事一覧

北海道冬季ツーリング 北伐 第一日



目がさめるまで寝ておこう、
と思っていたら、気づいたら8時!
あれまあ、
なんて寝坊助
しかし、慌てる必要もない。
のんびりと小樽駅へ向かって三角市場へ。
美味しそうなお店に惹かれて入った。












たけだ、というお店
結構、有名なのか?





カニいくら丼
これで2000円なら満足。







特に興味は無いが一応、運河で記念写真。
天気は良さそう!
このまま、北上できるかな?









と思っていたら、
北部沿岸部は暴風雪警報!
警報って、どんくらいなん?
耐えられるものなん?


と一瞬血迷って北上仕掛けたが、
前は何も見えないし、まっすぐ走れないし、危なくて仕方ない。
俺が危ないって思うくらいなんだから、本当に危ない。


すぐに進路を内陸に変更した。
写真は変更後。
一番危なかった時は写真どころでは無い。









相棒もカチンコチン









内陸に入るとすぐに風は止んだ。


北海道の都市が内陸にある理由、よく分かった。
海沿部なんて、生活ができんわ!




当別から、275へ
鶴沼の道の駅で昼飯
カロリーをしっかり取らないと体温下がるからカツ丼






むははは
どんなもんだい!
滝川から富良野へ進路を変更



富良野といえば、吹上温泉!
寒い中、何人も入っている。
が、しかし、
よく見るとみんな外人さん。
白人がほとんど。
こいつら、やっぱり頭いかれてる。
よし、
にっぽん男児の姿をとくとまなこに焼き付けておけ!


と、ぱっぱと脱いで飛び込む…


飛び込んでから考える…


どうやってあの脱いだ衣類を着たものか…


ここは、脱衣所もない。
ただ、雪の上で裸になって湯に入るだけ。
靴を脱いで靴下脱いでからがとても辛かった。
足の裏の感覚は完全に麻痺。


着るときも靴は当然最後だし、
ずっと裸足のまま?


着る時は脱ぐよりも時間かかるし…


雪もしんしんと降り続く。


白人どもが上がった後で湯から出るも、
とにかく下半身から履いていこう。


アンダーウェア3枚、
フリースパンツ
綿入りパンツ
ここまで上半身は裸
雪が肩に積もる
続いて上半身
こっちもアンダーウェア3枚
フリース
ダウン
ようやくツーリングウエアの上下を着て、
ああ、
足が痛い
とりあえず足だけ湯につけて温めてから靴下とブーツ
ああ、なんとかなったわ!







ようやく下山
だんだん暗くなってくる。
雪が降り積もってまっすぐに走れない。
何度もバイクが傾くも、アウトリガーが救ってくれる。
やあ、なんて素晴らしいものを作ったんだ!俺!





とにかく下りてきた。
日の出キャンプ場を目指す。
地面さえ空いていたらなんとかなる。
と、思ったら管理の人がいた。


泊まるとこないんでテント張らせてください。
水もトイレも要りません!
と大声で話すと、承諾。
ああ、助かった。
これで真っ暗な中、彷徨うこともない。
テントを立てて夕食の準備。
今夜はジンギスカン!




まずはご飯を炊く!



ジンギスカンを炒める!



味噌汁も入れてジンギスカン定食!


ビールもうまいし最高やで~~
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんわ^
北海道上陸ですね
素晴らしいファイトですね

No title

> メドベージェフさん
今はひたすら寒い!

No title

アウトリガーが役に立っているようですね!!

No title

追伸
凍死しないように暖かくしてくださいよ
身体温めるように暖かい食べ物とか飲み物良いですよ

No title

> 47uF16vさん
想像以上に役立ってて作った本人が驚いてますよ

No title

> メドベージェフさん
今夜は雪のおかげでかなり暖かです。ー5度もあるんで余裕です

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR