記事一覧

旅の支度

旅の支度です。


ここは大事な部分ですからしっかりと!


まずはこの大きな箱は・・・・



そして専用タイヤ









いろいろ訳あってタイヤの種類は前後で違いますが、
ちゃんと走れたらOK



スパイクは結構いかつい感じです。



さっきの箱にはこれが入っていました。
新品のホイールです。
どうしても準備に使える時間が少ないのでこの方法にしました。



当然、フロントはチューブタイヤです。



いやいや、カブでもいつも苦労していましたが、こいつを組み込むのは大変でした。
なんで、オフロードタイヤって硬いんでしょう・・・
もっと柔らかいもんだと思っていましたが。
エストレヤなんて、カブよりもはるかに簡単だったのに・・・・
ほんと、苦労しました。



続いてリアです。
せっかくのセローのチューブレスタイヤ(リアのみ)を止めます・・・・
チューブレスバルブを切り落とします・・・もったいない・・・



こんな感じ



リアのチューブです。
フロントもたいがい硬かったですが、リアは種類も違うせいか、さらに硬かった!
もう、最後の1/4周くらいが全く進まない。
何度も同じところにタイヤレバーを差し込んで、レバー倒して、
差し込んで、レバー倒して・・・・・
やっているうちにサイドウォール(リムに隠れるあたり)が傷んでしまった。





途中、何度もあきらめてバイク屋にでも持ち込もうか・・・
とも考えましたが、現地でパンクしたら自分でやるしかない、
やらないと死にはしないだろうけど旅がパアになる・・・・
と考えるとやりきらないとなりません。
空気も手動ポンプで頑張ります。


ようやく膨らんだかと思ったらどんどん抜けていく。
なんと、大穴ががっつりと開いていた。
あとで分かったけど、このチューブには合計3つの穴が開いていました。
はあ、どんだけヘタクソやねん・・・・と自分の呪いたくなります。




タイヤのハジの傷んだ部分
これって走行には大丈夫なんだろうか・・・・
また、作り直し?おお・・・
それはすごい出費だし避けたい。


一か所だけではなく、2か所も!!
しかも、写真では撮り忘れたが、いったんはめたタイヤを外すときに
リムの中に差し込んだレバーで引っ掻いた傷が
タイヤのゴムをめくりあげて、中身のコアまで見えてしまっている。
それもホイールのリムの中に隠れる部分だが、これで大丈夫なんだろうか・・・・


見た目的にはなんとか完成。
最初はホイールリムカバーなんかを使って丁寧にやっていたが、
最終的にはカバーなしでした。
カバーがあるとわずかに1,2mm程度の差ですがタイヤをはめるのに
邪魔になるのです。
手ではめるのがこれほど大変だとは思いませんでした。
現地では絶対にやりたいくないです。
空気圧はなるべく下げ無いようにしようと心に誓いましたが・・・・
いったいどこまでなら下げられるのか・・・・
はパンクして初めて分かることなんで、今は未知数。
これはカケですね。


ちなみに上3本が以前から使っていたタイヤレバー
けっこう高級品でした。
下が、今回用に買ったレバー
少しでも小型軽量を!と思いましたが、
こいつのせいでタイヤチューブに3か所も穴が!
2回目は上の3本を使いましたが、2本目のチューブには穴が1個で済みました。(結局、穴あいたんかい!)
で、ふたたびチューブを出して修理して入れて・・・
合計、3回、チューブの出し入れしましたが、3回目は割と慣れました。
やはり、慣れなんでしょうね。





スポンサーサイト



コメント

No title

次に交換する 時は また忘れてますよ(笑

私の様に 頻繁に中古タイヤを交換する馬鹿野郎はすっかりタイヤ交換に慣れましたが堅気の方はそう頻繁にタイヤ交換しませんから(汗

スパイクタイヤとは本格的ですね あとはラダー装着で完璧 お気を付けて行ってくださいね

★来年もよろしく!!

No title

スパイクタイヤは初めて見ましたよ、郵便屋さんのバイクが使っていると聞いたことがあります。
雪上走行頑張ってください、楽しみにしています。

チューブに少しエアーを入れたら挟みにくいと思いますよ(^.^)

No title

> 47uF16vさん
ありがとうございます!
お互いに来年も頑張りましょうね!

No title

> shigezooさん
もちろん、市販品ではなく特注品です。
なんとか、コツはつかめたような気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR