記事一覧

できるかな?2日目

でっきるかな
でっきるかな
さて、さて、ほほ~2日目です。




昨日の続きです。

昨日の木製のものは、実物大モデルでした。
いきなり鉄で作っても修正が効かないので、大体の採寸をしました。

およその目処が立ったので鉄で製作開始です。



久しぶりに家庭用溶接機と自動溶接面
めったに使わないですが、これが無いと絶対に不可能!!




木製と同サイズで製作を進めます。




裏表とも完了。
ガス溶接機ではないのでスパッダが飛びまくって、
周りの鉄は粒粒だらけ!
必ずグラインダーで表面を削らないとなりません。
まあ、それだけのことですから、このままがんばります。



こういうのを英語圏ではアウトリガーと呼びます。
そういえば、クレーン車にもついてますよね。
あれもアウトリガーと呼んでました。

高さがまだ決まっていないので、また木製でいろいろな高さを試します。



なんとなく、こんなイメージです。
なんとかビニールテープでぐるぐる巻きにして仮止めです。
このまま、近所を走って見ました。
対向車線のビックスクーターの若者が、
目をまん丸にしてガン見してました。
そりゃ、見るでしょうね・・・・
車の視線も結構刺さってきます。
いやぁ、スターの気分・・・・



アップにするとこんなに不細工ですから、
そりゃ、そうでしょうよ



最初、2本で製作しましたが、なんとなく強度不足に感じて補強を入れました。
結構、溶接の練習になりました。
あとのグラインダーが面倒でしたが、まあ練習、練習



ようやく、足元の製作に掛かります。
ベニヤ板からショートスキーへ!
ヤフオクでほぼ新品のものを落札して、一気にバラバラに。



板との接合部分をいろいろ考えましたが・・・・
結局、元々あるベースを利用することに。
これが一番確実な気がしますが、やってみないとわかりません。




とりあえず、ちびっと溶接して角度を確認。



白兎に付けたり、取ったり、また付けたり。
そのたびに溶接をはがして角度を変えたり、長さを変えたり・・・・
はあ、しんど!



ようやく、日が沈んだころ、片足だけ出来ました。
テスト走行用にソールを傷めないようにベニヤ板を取り付けてGO!



コーナーを走ったり、交差点を曲がったり・・・・
車体を倒しこむと当然、ガガガーーーー!とベニヤが擦ります。
ネジの頭がベニヤから飛び出しているので、火花が散る!
意識的に直立させれば擦ることは無い。
この高さを導き出すのがものすごく苦労しました。
最初は高すぎて、バンクがほとんどできず、
50キロほどで入ったコーナーを曲がろうとすると、
路面に接触したアウトリガーに弾き飛ばされて、
ガードレールへ突っ込みそうに・・・・
1センチ刻みで少しずつ短くしていき、ようやくこの高さとなりました。
停車中はかなり傾いているように見えますが、
私が乗るとサスがグッと沈みこむので、スキーのソールとアスファルトとの距離はそれほどでもありません。



ということで、明日は左足です。
おしまい。
































スポンサーサイト



コメント

No title

サイドカーにでもするのかと様子を見てましたが.....

まじ!?

その発送はなかったです(汗

No title

> 47uF16vさん

motorbike outriggers
↑で検索してみてください。
世界中のアホの様子が見れますよ!

日本では私が最初かな?笑

No title

お早うございます
何が出来るか楽しみにしていましたが見えてきました

No title

> メドベージェフさん
ご無沙汰です。
見えましたか?
ホントに?
まだまだありますよ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR