記事一覧

十津川モタードツーリング

2013/11/4
前夜、激しい雨が朝方まで降り続いておりましたが、十津川ツーリングに行ってきました。
 
家を出るときには雨は止んでいましたが、路面は完全にウェット
高速でも前方を走る車が跳ね上げる水滴でかなり濡れます。
 
待ち合わせ場所は道の駅かなん
 

 
250ccクラスのオフロードにオンタイヤを履いた、モタード車がずらーり
そうです、今日はモタードツーリングなんです。
モタードツーリングってなんですか?って???
そんなの・・・・知りません!笑
 
モタードと一緒に行くツーリングってことじゃないですかね?
ま、僕のアドベンチャーでも行けるよ!ってことは聞いてますので、のこのことやってきました。
 
先週、なんだか、いや~~~な感じがして、ずっとビリでしたが、
今日も先週と全く同じような、いや~~~~な予感がします。
 
だって、こんなに軽量なバイクに交じって、車重が100キロくらい重い、アドベンチャーで追走ですよ?
まあ、おそらく、今日もビリでしょう・・・・
 
まあ、とにかく、全員そろってツーリングスタート!
かなんから309号を南へ進んでいきます。
すぐに道は狭くなり、完全なウェット路面に落ち葉が折り重なる、
とてもとても、恐ろしい状況のくねくね道を走ります。
 
カーブ、一つごとに前方のバイクとの差が1m、2m、3m・・・・と徐々に開いていきます。
カーブの間、前方のテールランプがかろうじて見える間は、なんとか根性出そうと思ってましたが、
もうそれも見えなくなった瞬間、気が抜けます。
 
転ばないよう、マイペースで走ろうっと。
無理せず、気分はソロツーリングです。笑
今回は最後尾を走っているので、ここで転倒しても、誰にも気づいてもらえないのです。
谷底になんて落ちたら、もう最後です!、
あれ?KTMの人、途中であきらめて帰ったかな?
なんて、思われて、数日後に誰かに救われて、
「脚が折れて、動けませんでした。喉が乾いたら水たまりの水を飲んですごしました。
防寒具は十分でしたので、夜の寒さにもなんとか耐えられました。」
なんて、記者会見でしゃべったりする自分の情けない姿を想像してしまいました。
いやいや、そんなの嫌!
遅れてもいいから、安全に走りました。
 
なんとか、かんとか、遅れながらも、休憩地点である道の駅 吉野路大塔に到着です。
 
ここで一人合流して再出発。
でも、やっぱり、グネグネ、超グネグネ、そしてグネグネです。
葉っぱもてんこ盛り!!
路面は相変わらず濡れております。
むちゃくちゃ怖いです。
 
しかしながら、車重はオフローダーに比べれば重いですが、
さすがは高級車!性能でなんとか、腕前をカバーしてくれています。
エンジン出力特性とABS、トラクションコントロールを制御するモード選択をRAINにしています。
すると、最高150馬力のところを100馬力に抑制すると同時に、
アクセルに対するレスポンスを若干、鈍くします。
ABS、トラクションコントロールの反応は早くなります。
で、このウェットで落ち葉だらけでグネグネで、しかも必死でオフローダーを追走すると、
ABSとトラクションコントロール、この両方が効きっぱなしです。
ブレーキングでフロント、リアともにガッガッガとABSが効き、
立ち上がりでアクセルオン、そしてズルっとした瞬間、車両は安定してすり抜けます。
突っ込みも立ち上がりも思い切り?いっても何とか車両がカバーしてくれるのです。
 
これは素晴らしい!
このバイクがコンピューター制御でなければ、とっくに谷底に落ちて、記者会見です。
ここは素直にほめてあげましょう!
KTMすごい!アドベンチャーすごい!よくやった!
 
実はバイクにABSやらトラクションコントロールなんていらないんじゃね?
そんなのついてたらヘタクソになるじゃね?
って本心、思ってました。
だから、ABSとトラクションコントロールをオフにする方法を、
バイク購入後、真っ先にマニュアルから探しました。
 
ところが、いいんです。
これが。
 
ついてて、いいんです。
助かるんです。
転ばなくて済むんです。
 
高いバイクですから、谷底に落ちたらすっごく悲しいですから、
だから、今後はこの機能に頼ることにします。
 
ま、そんなこんなで、次の休憩場所は道の駅十津川です。
ここで少し早目にお昼ご飯。
ソバが有名らしいのですが、僕はソバアレルギーで食べられません。
うどんを別の釜でゆでてもらえるそうなんで、それでうどんを食べました。
 
そして、またまた走ります。
今度は国道425号、いえ、酷道です。
醜いです。
路面、ぐちゃぐちゃ、荒れ放題、あちこち崩れてます。
こんなのいや~~~
と心の叫び!
 
走って走って、次の休憩ポイントへ
 

 
ようやく日も差しましたが、それでも山間の日蔭はウェットのまま。
休憩ごとに気分を落ち着かせて再出発。
しかし、このあと、工事だか何だかで通行止め区間があり、
この迂回が大変だったこと!
最後は上北山のあたりでお腹が減ってまた休憩です。
 

 
この後は橿原経由で南阪奈に乗って流れ解散でした。
 
なんだかんだ言っても、やっぱりバイクは楽しいな~~~
それに、こんなに夢中になって走れる仲間が増えて、それも嬉しいな~~~
今日もほんとに楽しく走れました。
一緒に走ってくれたみなさん、ありがとうございます。
 
さて、この日のおおざっぱな走行ルートです。
 

 
おそらく、この道であってたかと思います。
google上でのルートは340キロほど
しかし、オドメーターは400キロでした。
やっぱりおかしい・・・・・
 
 
 
 
一応、今後の目安としてログをつけます。
大阪の気温は最低16度くらいだったかと。
上北山あたりは12度ほど。
十津川は見てません。でも日が当たってたから暖かかったかも?
 
アルパインスターの3レイヤー上下 + ヒートテック上下でしたが、
十津川で暑くてヒートテック脱ぎ~の、ジャケットのレイヤー外し~の、でした。
上北山あたりでヒートテック再びオン、レイヤーもオン、
これで12度は暖かいくらいです。
オールウェザーの防水グローブ、防水ブーツはむんむん蒸れ蒸れでした。
 
以上。来年、このくらいの温度になったら思い出そう。
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

お疲れ様です。なにやらハイテク装備をフルに活用し堪能したツーだったようで・・・
でも、ほんとコース経験者の皆さんは関心するほど速いですね

No title

nabeさん、
そうですね、本当についててよかった!って感じでした。
しかし、みなさんの速さ、ついていけません・・・・

No title

いやいやいやいやー。私にゃ無理っす。
オレは健全なオンローダーなのだ! と
声を大にして叫びつつも
なぜか お風呂に巻き込まれること しばしば。
不思議です。

No title

オレンジさん、
僕も怖かったですが、そんな状況に持っていかないと、性能の良し悪しは分からないものです。
結果、転倒せずに帰ってこれましたので、付いてて良かった!ということで!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR