記事一覧

Chris Birch という男 その10

ようやくなんとか、かんとか、最後の章となりました。

最後のまとめとして、クリスはテントの前に皆を集めて、ツーリングの準備の注意点について話をしてくれました。

まず、荷物をたくさん積むことになるのだが、私は重いハードケースよりもこのようなソフトケースのサイドバッグをお勧めします。(写真は無し、泣)
出来るだけ重心は車体を横から見たときに車体のセンターより、そして下よりに集めます。
サイドバックも、なるべく下に重いもの、上に重いものを入れます。
リアシート後ろにはできるだけ軽いものにします。(リアパニアは最悪ってこと・・・かな)
また、重い工具などはアンダーガードの内側に入れるとよいでしょう。(ほ~~、なるほど~~)
長くて重いもの(タイヤレバー、レンチなど)は自転車のタイヤチューブを程よい長さに切って、その中にレバーやレンチを入れて両端を縛るとコンパクトで良いでしょう。
(確かに濡れないし、ガタつきもなさそうですな)
タイヤレンチとタイヤレバーが一体となったKTM純正パワーパーツの「タイヤレバーセット」がお勧めです。
(なんや、宣伝?・・・・チューブレスタイヤをチューブに変えることが大前提なん??)
また、他にも重いものはエンジンガードのなるべく下側にくくりつけるのが良いでしょう。
ここはエンジンがある場所で、車体の重心となり、ここに重量を集中するのが良いです。
レスキュー用のロープはミリタリー用パラシュートコードが軽量で強度も大変高く(耐荷重200kg以上ある)おすすめです。
スタックした場合、ロープのかけ方で一番ベストなのはフロントホイールの軸です。
次にエンジンガード。ハンドルにロープを掛けるのはNGです。ロープを引いたとき、フロントタイヤを地面に押し付けるように力が作用するので、できるだけ下の方にロープを掛けます。
坂の下にバイクが落ちた場合、パラシュートコードをバイクの前後に掛け、その2本のロープを順番に交互に少しずつ引いて、ゆっくりと引き揚げます。
一番はそのような状態にならないように心掛けてください。
では、これからも楽しいライディングを続けてください。

ものすごく、ライダー思いの講義です。何もかも、余すことなく教えてくれるクリス先生!
私はあなたに惚れました。
本当に素晴らしい講義でした!!!

最後に見せてくれた先生のライディング





本当にカッコ良すぎます。

先生のくれたステッカー



SAY NO TO SLOW
これもカッコいいです!
ちょっと、意味わかんないけど・・・・

Chris Birchという男、
最高にグレートでカッコいい男です。
ありがとう!!Chris!

そして、最後にひとつ、聞くのを忘れてました!
登った急坂の下り方がわかりません!!!


おしまい。


スポンサーサイト



コメント

No title

大変楽しい講義ありがとうございました!m(_ _)m
私みたいなものがアレですが…
少しでもヒントになれば!(^○^)
下りも登りも目的地を見ずに周りを見ます(広い視野)下りは先が見えない所は座って先を見ようとしてると思いますので、その状況からでも怖がらず一瞬でステップに立ちあがりましょう!
後はクリスに教わった膝から下はバイクにガッチリ固定して膝から上だけでバランスを取ってみてください
クリスも言っていました(^○^)ラインを読むためには目線を遠く
怖がらずそれだけで絶対に上手く行きますよ♪

No title

大作ありがとうございます。そしてお疲れ様でした。
自分も参加している様になれる文章力にあこがれます。
次は、実地林道経験の場数ですね・・・!(^^)!
また、ご一緒しましょうネ!!

No title

> モリコさん
ありがとうございます!目線を遠く、天国あたりを見ながら突っ込みます!!

No title

> ブルーベアさん
久しぶりに気合を入れて書きました。
現場にいなかった人にちゃんと伝わって嬉しい限りです。
書いた甲斐がありましたわ
後は実践ですね!

No title

いやぁ、長編解説ありがとうございました。
オフロード、走ってみたくなりましたよ。。と言っても怪我するだけになってしまうでしょうが・・・。

No title

えべっさん、いやいや、オフロードもいいもんですよ!
せっかくアドベンチャーに乗っているのですから!!

No title

これはいいっ! 復習に最適です。 忘れかけていた記憶がよみがえります。 バイブルにさせてもらいます。
まめに記録されてたんですねぇ。 脱帽。 礼っ!

No title

> sei*i1*90さん
セイキさんですよね?
お名前が伏せられて表示になっていますので・・・・
まだ、書き忘れがあったんですよね。
バイクの横に立ってリアを空転させてバイクの向きを変える奴。
ただ、あれ、誰もできなかったし、私もできなかったので、割愛です。
ほかにも、忘れていたのあったと思います。

No title

あっ、すみません。 seikiです。
リア空転。 出来ませんでしたけど、あんなんしてもええんやと思うと気が大きくなりました。

No title

> sei*i1*90さん
いろいろ、勉強になった2日間でしたね!
また、一緒に走りましょう!!

No title

はじめましてシンといいます。
私も最近デカいKTMに乗り変えたのですがこれを読んでだいぶ疑問が解けました。
ありがとう御座いました。

No title

こんにちわ!1日ちょっとのお付き合いでしたが、楽しかったです
私は1日で体力がなくなってしまいましたが、大変勉強になる文章でした、また機会がありましたら、ご一緒しましょう( ̄▽ ̄)

No title

> シンさん
コメント、ありがとうございます!
誰かのお役にたてれば書いた甲斐がありますよ!

No title

> west_nishikawa2400さん
こちらこそ!
関東方面にいった際は是非、よろしくお願いいたします。
あ、つじやんと一緒に遊びに来ていただいてもオッケーです!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR