記事一覧

Chris Birch という男 その7

その後も割と地味目のコーチングと練習が続く。
 

 
各々のコーチング内容に関しては、私には珍しく詳しくはっきりと記憶している。
ところが、教えてもらった順序は定かではない。
あれが先立ったかな~、いや、こっちが先立ったか・・・・
ま、何はともあれ、内容さえしっかりと記憶していれば大丈夫かと。
 
続いて、さっきのスタンディング、シッティングでのコーナリングを利用して、ミニモトクロスコースでの走行練習。
クリス先生はこんな狭くてショートなコースでも素晴らしいライディングだ。
 

 
確かに先生のお尻はアウトに出ています!!
頭もアウトに出ています!!
アウトの膝はタンクを締め付けています!!
先生が言っていた通りの姿勢ですわ。
 
続いて我々も同様にトライするが・・・・・
コーナーがやや凸凹しているのと泥地がわずかにある。
そんな些細な事でもビッグオフにはかなりの障害となってくる。
転倒者が続出・・・・
とはいえ、ボテ転け程度なので身体も車体もダメージは無い。
 
で、おそらくこのあと昼食タイム、BBQをたらふく食った後に教えてもらったこと。
 
ん~~記憶が定かではないが、同じ事を繰り返していたような・・・・
しかし、この時点で私の太ももは釣ったような痛みに襲われ、膝の屈伸がままならない状態に・・・
こっそりとサボっておかちゃんの練習風景を撮影しながら見ていました。
 
 
自主練時間が5分でも設定されると、私は迷わず休憩・・・
おかちゃんは迷わず練習・・・・
これがモータースポーツに対する取り組み方の違いです・・・・
私はレジャー、彼はスポーツです。
しかも筋金入りのスポ根です。
 
さて、1日目はこの程度で終わっていたはず・・・・
今夜はクリスを囲んでのパーティーです。
一度、ホテルへ引き上げた後、みんなで宴会場となる居酒屋へ向かい、
ここではクリスとも楽しく歓談となりました。
その席で大活躍したのは英語がぺらぺ~らの「つじやん」でした。
つじやんを無理やりクリスと私の間に座らせてのトークタイム
私は大満足、つじやんは・・・・どうだったのでしょう???
そこでいろんな、コーチング以外の情報を手に入れました。
それは・・・ここでは内緒にしておきます・・・・
ほかにも、このために買ってきたキャップやTシャツにサインしていただいたり、
クリスからはお土産のキーホルダーやステッカーをいただいたり、
素晴らしい思い出の夜となりました。


 

スポンサーサイト



コメント

No title

その7 一番上の写真右側背中の者です。

詳しく書かれていて感心しました
また何処かでお目にかかることがございましたらよろしくお願いいたします。

No title

> 桃さん
ありがとうございます!
この経験は記録しなければ!との思いまして。早速、もう忘れ描けておりますが

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR