記事一覧

北海道冬季ツーリング 北伐 まとめ

物好きにもほどがある「北海道冬季ツーリング」ですが、いくつかの要点さえ押さえておけばそれほど難しいとは思いません。実際、嫌味に感じるかもしれませんが「割と思っていたよりも簡単だった」という印象です。その要点ですが①確実な機材準備。②天候を把握する。③臨機応変な進路変更④決して慢心、油断せず、用心を尽くす。これらの点さえ押さえておけば、それほど難しくはないと思います。①機材...

続きを読む

北海道冬季ツーリング 北伐から帰還

ようやく、今年の北伐も終わります。まずは北伐とは・・・・古代中国の三国時代、蜀王、劉備の遺訓を全うするため諸葛亮は、国力をあげて何度も魏を攻めた。この故事になぞらえ、北方を攻めることを私が勝手に北伐と呼んでいる。フェりーに乗り込んだ私は昨年よりもはるかに充実感に満たされていました。なんといっても、昨年の自分をはるかに越える素晴らしい旅ができたこと。それも入念な準備のうえにたち、それをしっかりと活用...

続きを読む

空気の読めない男

旅も終わりに近づいてきた。最後のツーリングポイントへ向かう。ここを過ぎれば、あとはフェリーに乗るだけだ。...雨はわずかに降り続いている。ところどころに見え隠れする、溶け残った氷に注意しながら、ひたすらに走り続ける。ふと、お土産を買うのを忘れていた事に気づく。 会社には何個入りをいくつ…澄み渡っていた清水に、墨汁がポトリと落とされ、ジワジワと濁っていくように、この一週間で浄化された心が薄汚れていくよう...

続きを読む

北海道冬季ツーリング 北伐七日目

北伐七日目 最終日です。日の出公園では2回目の朝を迎えました。今朝は雪もなく穏やかな天気です。しかし、昨夜の予報では本日は雨模様・・・・え?雨?そんなバカな!って感じなのですが、朝からプラスを指し示す温度計を見ると、やはり雨は降りそうです。温度が上がって楽じゃないか?って思いがちですが、意外とそうでもありません。それまで、何もかもが凍ってくれていたので、ほとんど気にも留めずに済んでいた、テント内の...

続きを読む

北海道冬季ツーリング 北伐六日目 その3

さあ、然別湖も堪能しました。あとは西へ西へ進むだけです。なるべく、天気の良い間に距離を稼いでおこうと思います。西へ向かう途中も素晴らしい景色が続きます。なんとか、日暮れまでに富良野に到着しました。富良野スキー場です。このバイクもスキー板をはいてますから滑っていいですかね?今回のツーリング初日の夜にお世話になった、日の出公園キャンプ場に戻ってきました。日のあるうちに電話を掛けて、もう一度泊まらせて欲...

続きを読む

北海道冬季ツーリング 北伐六日目 その2

阿寒岳のあとは、然別湖まで一気に走りました。今回の目的のひとつにここがありました。ウロタン・センオーとして、この冬季にしかやっていない、氷上温泉は是非とも体験したいところです。然別コタン然別湖の凍った氷上でのイベントです。湖の凍った氷を切り出して作られたいろいろな建物が並びます。ここが温泉の入り口。この施設、全て凍った湖の上に建てられています。ここまで天然温泉を引いています。これが温泉!氷上露天風...

続きを読む

北海道冬季ツーリング 北伐六日目

昨夜は鶴居村の川べりで野宿でした。雪がたくさん積もってなくて、テントが張れそうな地面を探すのがなかなか大変です。公園に行っても1メートルくらい軽く積もっていて、入ることすらできないところが多いからです。昨日に調べたこの村の無料キャンプ場でしたが、行ってみると、まったく足を踏み入れることすらできないほど雪が積もっていました。当然、除雪されているのはキャンプ場に面している道路のみ。バイクを道路脇に放置...

続きを読む

北海道冬季ツーリング 北伐五日目 その2

果てさて、この写真はどこの写真だっただろう・・・・すでに忘れておりますが、たぶん摩周湖から釧路の間のどこかです。きれいですね。これはたぶん・・・・シラルトロ湖だったかと。徐々に天気もよくなり晴れてまいりました。相棒もご機嫌です。釧路湿原、細岡展望台に到着です。もう、すっかり昼も過ぎてしまいました。腹も減ってきた。今年は以前にまして、相棒の写真が多いです。それだけ、さびしいってことですかね?笑釧路で...

続きを読む

北海道冬季ツーリング 北伐 五日目

眠い昨夜は大荒れでほとんど寝れなかった…このあたりは冬場、夜はずっと風が吹き続けるそうです。温度はそれほど低くはないものの、風による体感温度はかなりのもの。その風のせいで・・・・・飯を作れば、テントが暴れて鍋はひっくり返るし・・・・バーナー再点火の際、火が立ち消えしてバーナーからガソリンが噴出し、こぼれたガソリンに引火してしまい、テントが火達磨になりかけて、慌てて回りの雪を掛けまくって消火したり・...

続きを読む

北海道冬季ツーリング 北伐 第四日

朝・・・・窓を開けると雪が降り続いている・・・・風もあるようだ。昨夜から天気予報は稚内周辺では暴風雪だと伝えている。このまま、この暖かい部屋でぬくぬくと過ごしたい欲求に駆られる。ああ、どうしよう・・・・このまま、雪が止むまで部屋に閉じこもっていても構わない。自分がそれを良しとするか、否か、だけだ。窓から雪を眺めていると、学校のチャイムがかすかに鳴っているのが聞こえてきた。このゲストハウスのすぐ間近...

続きを読む

北海道冬季ツーリング 北伐 第三日 その4

なんとか、元どおり。このまま、明日からも走れそう。ただし…ケツ痛いシュラフもぐっしょり…もともと、2泊か3泊ごとにシュラフだけはコインランドリーに入れようと思っていた。稚内の目的地もコインランドリーにしていた。しかし、だいぶロスったので今夜はライダーには有名なみどり湯さんに泊まろう。電話すると快い返事。この季節、ライダーハウスはやっていないがゲストハウスはやっている。2000円で暖房付きのあったかい部屋と...

続きを読む

北海道冬季ツーリング 北伐 第三日 その3

構造は単純だし、単に溶接の技量が低くてもげただけなんで、グラインダーで削り直して、バチバチッとやればプロなら30分もあればできる内容だ。しかも、俺はどこから見ても旅の人明日おいで、とは言えない雰囲気…笑飛び込んだその場でほとんど何も言わないまま作業が始まった。交わした会話は、コレはなにかい?鉄かい?アルミかい?くらいだったか?鉄です。自分でやった溶接が悪くて外れました。これがないと走れません!まあ、...

続きを読む

北海道冬季ツーリング 北伐 第三日 その2

ついにまたこの道を走る!昨年はタイヤが市販のスパイクだった。スパイクと言っても、スノータイヤがやや、ほんのわずかに、かろうじてアイスバーンを走れる、という程度。真っ白な路面など、本当に怖かった。怖くて怖くて、まっすぐに走るだけがこれほど辛いと思ったことはなかった。オロロンも、すべてを走りきることができなかった。しかし、今年は違う!特製スパイクは不安感は微塵もない!これほどの道を夏と同じ感覚、速度で...

続きを読む

北海道冬季ツーリング 北伐 第三日

朝です。昨日使って濡れたタオルがそのまま凍っています。水も凍るのでナベに入れた置いています。朝、このまま火にかければお湯が沸かせます。ついでに凍ったタオルを上に置いておけば、散髪屋で髭剃り前に顔にかけてもらえる熱々タオルの出来上がり。しかし、ナベに置き過ぎて、熱々を通り越して火傷しそうでした・・・今日は昨日の晴天が打って変わってまた雪模様です。まあ、冬の北海道に来たのですから、それくらいは覚悟のう...

続きを読む

北海道冬季ツーリング 北伐 第二日 その3

さきほどと似たような写真ですが、ここも湖のうえ。雪についている跡はスノーモービルのもの。俺のバイクもここを走れるかも知れないなぁ走ってみたいなぁとか思いつつも、動けなくなったら大変なので眺めているだけでした。真っ暗になる前になんとかテントを張ることができてよかったです。除雪後の駐車場とはいえ、風景は悪くないですね。ちょっと遅くなって疲れたので、本日はお持ちを焼きました。おもちってすばらしい保存食で...

続きを読む

北海道冬季ツーリング 北伐 第二日 その2

これは覚えております。ケンとメリーの木だいたい、いまどき人って「ケンメリ」なんて知っているのでしょうか???これを知っているだけで結構なオジサンなんじゃないでしょうか???遠くの峰峰が連なるさまがとても美しいです。これだけ見えるのは晴天のおかげですね。富良野に立ち寄って良かったです。全部雪のくねくね道なかなか楽しかったです。しかし、ドリフトして楽しめるほどの腕はありません・・・・雪の上の感覚を楽し...

続きを読む

北海道冬季ツーリング 北伐 第二日

夜の寒さはそれほどでもなかった。しかし、マイナス15度くらいまでは下がっていたようだ。さらに夜の間に雪も降っていたようだった。静かに降るのでまったく気づかない。雨よりも静かだし濡れないしよい。昨日とは打って変わって晴天。相棒の記念撮影。なかなかいい写真が撮れたのでは?アウトリガーにちょこんと座らせて・・・・日の出公園キャンプ場さま大変お世話になりました。跡形もなく消えていきますので・・・・せっかく...

続きを読む

北海道冬季ツーリング 北伐 第一日

目がさめるまで寝ておこう、と思っていたら、気づいたら8時!あれまあ、なんて寝坊助しかし、慌てる必要もない。のんびりと小樽駅へ向かって三角市場へ。美味しそうなお店に惹かれて入った。たけだ、というお店結構、有名なのか?カニいくら丼これで2000円なら満足。特に興味は無いが一応、運河で記念写真。天気は良さそう!このまま、北上できるかな?と思っていたら、北部沿岸部は暴風雪警報!警報って、どんくらいなん?耐えら...

続きを読む

北海道冬季ツーリング 第一歩

船旅はこいつと一緒に。ただ、黙って酒に付き合ってくれていた。航海中の海は静かだが、曇っていた。そして、再び夜になった。間も無くかの地に着く。いつの間にか、雪が降っていたようだ。甲板にも薄く降り積もっていた。すぐ目の前には小樽の夜景荷物もしっかりと積み直した。さあ、出発だ。大地をしっかりとタイヤが踏みしめる。タイヤのグリップに不安感は微塵も感じない。港から小樽の街はすぐだ。小樽の運河を前に一応、記念...

続きを読む

北海道冬季ツーリング さらば地球よ

ようやくフェリーに乗り込んだ。さっさと着替えて風呂にも入った。あとは出航を待つのみ。    船旅はやはりいい。こうしてポテトをつまみにビールをちびちび飲むのもいい。何よりも、もうしばらくすると、誰とも連絡が取れなくなるのがいい。宇宙戦艦ヤマトが地球を遠く離れて、電波が弱っていく…  ずいぶん古いけど、そんなシーンを思い出す。あと24時間近く、誰にも邪魔されない時間がつづく。&nb...

続きを読む

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR