記事一覧

2020/05/09 翠兎、チョイノリ キャブ大口径化計画のつづき

さあ、前回、キャブの大口径化に挑み、無残に敗れた。キャブの上部にとんでもない大穴を開けてしまった。それを修復する!適当にエポキシパテで塞ぐ。一応、金属用だ。固まるのを待って、リューターで内部の穴を再調整なんか、穴がいがんでないかい??もう、あんまりやる気がなくなってきたけど、いずれ続きをやります・・・・...

続きを読む

2020/05/06 翠兎、チョイノリ キャブ大口径化

いよいよ、長かったGWも最終日、で、天気が良くない。良かったら良かったで、遠くへ行けないのが悔しいけど、天気が悪かったら悪かったで、気分は下がる・・・ま、とにかく最後にしたかったチョイノリのキャブ大口径化計画を進めよう。こちらも予備として手に入れたキャブ口径はわずか12φちっさ!ピストン部分にキャブの開口部をマジックで印を付ける。キャブのピストンに接する部分をリューターでガリガリ削っていく。上部の肉...

続きを読む

2020/05/02 翠兎、チョイノリのエンジン分解 その3

やっとピストンを組んだ。そして、ゆっくりとシリンダーに入れようとするのだが、クランクケースからにょきっと生えてるコンロッドとピストンを持って、シリンダーに挿入していくのとは違い、チョイノリエンジンの場合は、コンロッド、ピストンが付いた状態でクランクごと手に持って、ケースとその先のシリンダーに逆さに挿入していくことになる。これがコンロッドが回ったり、ピストンの首が振れたりと非常にやりにくい・・ようや...

続きを読む

2020/05/02 翠兎、チョイノリのエンジン分解 その2

このチョイノリのエンジン、かなり特殊です。クランクケースとシリンダーが一体化している。どうしてこういう形になっているのか???勝手に素人が考察してみるに・・・まずは部品点数の削減。それと工作精度の問題。クランクベアリングは機械の力でケースに圧入し、さらにクランク軸も圧入が必用。これにはシビアな精度が必用で、ここの精度が悪いとエンジンがちゃんと回らない。たいていのエンジンはクランクケースをピストンの...

続きを読む

2020/05/02 翠兎、チョイノリのエンジン分解 その1

いよいよ!エンジン分解。1回目は開けてみたら、ピストン崩壊ww2回目、予備エンジンは問題なし、確認して閉じる。3回目の挑戦しかし、だんだんと記憶力低下・・・あれ?どうやるんだっけ?的な事態に。どきどき・・・まず、やっかいなここ!以外とすんなり回った。前の持ち主、開けたことあんのかな?続いて、こここれも専用工具無しでは難しいとこここもそれほど苦労なく外れた。コイルも外します。ネジもたくさんあるから、間違...

続きを読む

2020/05/01 真打登場! 蒼兎、チョイノリ

いよいよ!すべてはこのための準備だったのだ。後顧の憂いをすべて払拭しての登場!!しかし、準備長かった・・・GWの前半をすべて使ってしまった。よし、がんばろ!!予定では今のエンジンを下ろし、予備エンジンに積み替え、しばらくは予備エンジンのまま、現エンジンの整備。とにかく、初めてのチャレンジなので、写真を撮りながら作業を進める。外さないといけないもの、全部外して写真で記録。便利だよねここも外したほうが作...

続きを読む

北風が吹いていた

週末はずっと雨予報だった。しかし、夜半に降り出した雨は朝方には止んでいた。ビジネスホテルのカーテンを開けると、アスファルトが黒く濡れていた。どうやら、レインウェアの出番はなくなりそうだ。朝食を済ませ、少し早めに集合場所へ向かう。道の駅淡路この地へは自走では難しい。橋は自動車専用、高速道路を走れる車両しか通行できない。ジェノバラインというフェリーはあるが、どのみち、前日から泊まらないと間に合わない。...

続きを読む

淡路島作戦、直前のチューニング

2020/1/25淡路島作戦、直前のチューニングです。ギリギリまで煮詰めます!まず、スプロケを30丁に変えた事で、同じ速度を出そうとするとエンジンの回転数が必然的に上がってしまう。しかし、それはチョイノリ の対応駆動系の速度範囲があまりに狭いからではないか?との疑問にたどり着いたのだ。駆動系の対応速度範囲がもっと広くなれば、必ず低速から高速まで2馬力で対応可能なはず!そう信じて駆動系をさらに見直すこととした。...

続きを読む

2020/01/05 解体実習

医者が医学書を読みながら生きている患者のオペはしない。十分に遺体で解剖実習を重ねてから、オペに望む。同様に、ワタシもいきなり最愛のチョイノリ、翠兎を解体するわけにはいかない。十分に解体実習の経験を積んでから・・・・さあ、ようやく解体実習開始です。年末年始の休みでこの実習研修を終え、オペに望むつもりでしたが、なんやかやで、休みの最後の最後でようやくここまでたどり着きました。で、オイルでベトベトの手で...

続きを読む

あけましておめでとうございます、と言いながらの・・・

2020/01/02ようやく、本当にあけましておめでとうございます、と言えるようになった。そして、正月からチョイノリに挑む!ふと、自分がバカなんじゃないのか?と感じる瞬間もあるにはある・・・・しかし、気にしてはいられない。今、夢中になれることには真剣に取り組んでいこう!まず、こちらがノーマルのトルクカムカムに開き具合を確認してみよう。トルクカムの外ー外で開きを測ると、37.4mmそれは先の写真のピンがそこまでし...

続きを読む

最適なスプロケは何丁?

2019/12/31そもそものお話をしよう。チョイノリに乗り始めて、早くも4年目。2台目のチョイノリも約半年が経つ。確かに完全どノーマルの1台目よりも、リアスプロケが25Tに交換された2台目の方が速かった。しかし、客観的に見て、果たして自分のチョイノリが他のマニアたちが乗りこなすチョイノリよりも速いのだか、遅いのだか、まず分からない。なぜなら、これまで他のチョイノリと一緒に走ることが皆無だったからだ。これでもその...

続きを読む

低粘度オイルは効果あるのか?

2019/12/31さて、2019年最後の日、ワタシは何をしていたかというと・・・・年の締めくくりはやっぱりチョイノリのチューニングでした。チョイノリのオイルは安物でよい!というご意見もありますが・・・・ワタシはちょっと違った見方をしております。平成になってから生産されたバイクの中では、最も遅いこのバイク(検証はしてません・・・)できる限り、あらゆる抵抗を下げれば、必ずや、パワーアップにつながると信じております...

続きを読む

最近のチョイノリ

みなさま、新年明けましておめでとうございます。さて昨年末より、チョイノリも密かに、チマチマと、手をいれていました。さて、あまりに簡単で費用対効果が絶大だったものをご紹介します。2019/12/08 施術さて、これはなんでしょうか??これはクランクケースからエアフィルターへブローバイガスを送るチューブです。そのチューブを外し、先にワンウェイバルブを付けるだけ!ワンウェイバルブをヤフオクで検索、たくさんのサイズ...

続きを読む

2019/11/17 チョイノリ 湖北作戦 その2

作戦決行の朝作戦にはもってこいの日よりだ。同じ野営地で泊まった先輩隊員と共に、集合地点へ向かう。作戦集合地点には各地より隊員たちが集まってきていた。見送りにきた初参加の隊員、車両は作戦にふさわしいカラーリングだ。出発直前、近くでコスモスが咲いていた。なんとなくチョイノリと似合うような・・・長距離作戦は今回が初!他の隊員たちに遅れをとらないように追随したい。この作戦は長距離なうえに登坂も多い。ようや...

続きを読む

2019/11/17 チョイノリ 湖北作戦

ついにそのときは来た。CCJ(チョイノリクラブジャパン)の隊員となって、初の長距離作戦だ。我々は、日時を明かさず秘密裏に作戦を決行する。今回の作戦は湖北を一斉に制圧することが目的だ。11/16作戦決行日は明日。前日に集結地点付近まで、長距離移動を行う。作戦に必要、かつ最低限の装備をチョイノリに積み込む。そうだ、ワタシは持てるすべてのバイクに和名を名付けている。そのすべての名には必ず「兎」の文字を当てて...

続きを読む

2019/10/14 マフラー交換とテスト

2019/10/14 マフラー交換とテストいろいろと買い込んでいたもののラストはこのマフラーチョイノリでマフラーを交換して性能があがった!という人は皆無だった。それよりもトルクが下がった、というような意見の方が多かった気がする。さて、それも本当なのか?なんでも疑って掛かってみるのが研究だ。本当かどうか、試してみよう。これがWirusWinのマフラーである。なんでも取り付けが難しいのだとか・・・確かにエキパイの取り付...

続きを読む

2019/10/13 チョコッと調整

2019/10/13 チョコッと調整いろいろ頼んでいたパーツやなんやかやが届いたので、連休を使って試してみた。フライホイール側のカバーを外してそうです。回転計です。きっちりと細かな数字まで出ます。合っているのかどうかは分かりませんが・・・しかし、前回取り付けたタコメーターとはしっかりとリンク。合っているでしょう。フライホイールには側面に反射テープを貼った。最初、正面に貼ったのだが、フライホイールの他の部分に...

続きを読む

2019/10/11 エンジン分解

2019/10/11 エンジン分解チョイノリ仲間からいただいたエンジンを分解し、理解してみよう!セル付き、後期型のエンジンです。見ただけでは前期か後期かはよく分かりません・・・・とりあえず、ばらす前にオイルを抜きます。300ccほどなので、ペットボトルを切った状態でギリセーフ。なんか、まっ黒!!フライホール側ミッションオイルも抜きます。こっちは綺麗。ここがOHVのシリンダーヘッド今や、OHVエンジンなどあまり見るこ...

続きを読む

チョイノリにちょこちょこ・・・

聖地巡礼が終わってからというもの、興奮が冷めやらぬ・・・・あれこれ妄想が頭をよぎるが、まず簡単なところからスタートしてみよう。アマゾンでお安く売っていて、取り付けも簡単でした。タコメーター起動時がかっこいい!ふと、工事中にフロント側から見ると。なんと、お目々が飛び出したカエルみたいでかわいそう・・・さて、続いてプラグを!あまり変化がないとされているイリジウムプラグだが、とりあえず、1本だけのことな...

続きを読む

チョイノリ聖地巡礼2019 その4

ついに我々の前に神は姿を現にされた。おお神よ!!神よ~~~その神々しい姿に・・・・我々信者たちは、自然と頭を垂れ、導かれるように大地にひれ伏すのであった。チョイノリさま~~~チョイノリさま~~~幾度となく、我々信者は祈りを捧げ続けた・・・・・こうして、我々の長い旅路が終わった。聖地巡礼。それはチョイノリ神の御神体、チョイノリ様に祈りを捧げる旅路。これからの1年、我ら信者はこの素晴らしきチョイノリと...

続きを読む

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR