記事一覧

さよなら、ウルトラ

2015/3/22ウルトラをドナドナしました。 とてもいいバイクでした。よく走るバイクでした。大好きでした。 これからもどこかで別のオーナーを乗せて元気に走り続けて欲しい。そう思いながら別れました。 さようなら、ウルトラ...

続きを読む

すこ~しも、寒くないわ~

最近、あんまり乗ってなかったなぁ~~ちょっと、かわいそうだし、久しぶりに乗ってみるか~ まあ、セル一発では掛からんやろなぁ~家で充電した車のバッテリー繋ごか~おお、これならすぐ掛かったわ。 今日は年末やゆうのに、まだ仕事やねん。それも社外の仕事やねん、まあ、そのおかげでバイク停めるとこ、あるからバイクで行けんねんけど。 今日はそんな、寒くないな5度くらいやわ。ハーレーで5度やったらぜんぜ...

続きを読む

なかなか暑かったですが・・・

2014/7/5ようやく、自分の意志で乗らないつまで経っても上手にならへんことに気づいたカミさん。この土曜日は1人でどっかへ行くねんて。へ~、どこまで?○○のサンマルクまで。あほ、近すぎるわ、だって、100回行けばうまくなるやろ、言うたやんそれは言うたけど・・・・まあ、ええわ、どっか連れてったるわと、また、トロトロツーリングでんねん。 とりあえず中環を南へ下って、門真から東へ、国道163号ですわもうちょい、...

続きを読む

らーめん河までツーリング その2

らーめんでしあわせ~になったあと、370号で東へ向かいます。途中から166号へ合流して、さらに東へと進みます。高見山ループ橋のあたりはすばらしい眺めが広がっていました。  天候もよく、気温もちょうどいい、ほんとうにツーリング日和です。 この道をさらに東へ進むと、第2の目標、香肌温泉に到着です。今回は温泉ガイドブックを持って行き、らーめんの待ち時間に丹念に調べました。まず、「かけ流し」で...

続きを読む

らーめん河までツーリング

2014/6/14ローライダーの先輩からのお誘い。本当に久しぶりです。お互いになかなか予定が合わないまま半年以上が過ぎていました。僕も一緒に走りたいな~と思っていたところでしたので、即答です。 さて、肝心の行き先ですが・・・美味しいものも食べたい、珍しいところにも行きたい、温泉にも入りたい・・・なかなかむつかしいのですが、先輩が以前に行ったものの、売り切れで食べ逃した、1日限定50食の「らーめん河」に行っ...

続きを読む

近くて素晴らしい淡路島!

梅雨が始まりました。その合間にmixiのコミュニティで集まった皆さん、お会いするのは初めての方たちばかりです。しかし、ツーリング主催者のキャロルドッグさんの人望で、集まった方々はどなたもよい方たちばかり。集合場所の垂水PAですでに仲良くお話しができました。出発時間となり、目的地である淡路島へ渡ります。 淡路島、一つ目の立ち寄り地点、生しらす丼で有名だという、「渡船」に着きました。   ...

続きを読む

早くしないと・・・

GWが終わった、いうたかてやなぁ~早くしないと、夏になってまうんやでぇ~ほんなら、また暑い、暑い、ゆうて、乗らんようなるんちゃうん? ほら、もったいないでぇ~ 俺はなんのためにエストレヤを買うたんやろか・・・ なんで、そこまでゆうて乗せたらなあかんのやろか・・・ また外観撮り忘れたけど、ルートJP372というカフェ、行った。中はあめりかあん、な感じ。  ほんで、ハンバーガー...

続きを読む

なんだ、かんだと・・・

なんだ、かんだと言っているうちに・・・どんどんと月日は過ぎていくものですね・・・・前回、日記を書いてから5か月弱がいつの間にか・・・ ですが、ちゃんとバイクはあります!ちゃんと動いてます! いろいろ多忙でしたが、5月はちょろちょろっと走りました。ほんのちょろちょろですが・・・ そうそう、カミさんが免許を取って、エストレヤの中古を買ってやって、それが去年末・・・ところが年明けからカミさん、...

続きを読む

年明け プチツーリング

年明け初のプチツーリングです。 ちょっと、サボって手抜き日記です。 お許しを           という感じでした。まる...

続きを読む

ランチツーリング

高槻を中心に活動している「TCB」というクラブに入っておりま!朝からランチツーリングでおまっせ前夜が忘年会でちょい、ふらつきまっせ でも、行ったんやわ  豊能町のcafe soto  なかなか、ええとこでんなぁこんなん、知らんかった 料理、結構でございました。  この日はランチのぷちつーやから、バイクはなんでもあり。スクーターもおりまっせ50ccもおりまっせ会長が面倒見ええんで、遅...

続きを読む

年末は・・・・

普段は書かない、バイク以外のことです・・・・ひさかたぶりに、学生時代の仲間と飲み会です。いつもはもう少し集まるんだけど、今年は都合がなかなかつかずに4人です。しかし、学生時代はもう25年以上前のこと・・・昔は金もなく、安くてたくさん食べられたら、それでええ、という感じでしたわなぁしかし、互いに生活に少しは余裕もできてきたころだし、年に一回くらいは、少しだけ贅沢したらええんちゃう?ってことで、ここ何年...

続きを読む

再び、パワーチェック!

なんと、再びパワーチェックしてきました。 どうしてか? というと・・・・   以前、使用していたカーカーマフラーです。しばらく前から、これに戻して走っています。このマフラーにすると、性能はどうなるのだ?一度、気になると、答えが分からないといられない性分なものでして・・・・ いい音していますし、造りも良いです。スリップオンタイプで、覗いてみると・・・・直管です。 ですが、...

続きを読む

ラジカセの「カセ」が壊れた

ついにこの日が来ました。 これまで、「まだ生きてるの?」という、自慢のカセット、つまり、ラジカセの「カセ」の方です。 これを平成25年、2013年の今まで使ってきていたのですが・・・・ ついにご臨終しました。 といっても本当のカセットテープを入れるのはごくたまでして、通常はほとんど、ミニプラグとオーディオラインがついた、カセットテープ型のアダプターを入れており、そして、そのミニプラグを現...

続きを読む

スクリーンが曇ってきた

このハーレーを購入して、早4年ほとんどのパーツは新車時についていたパーツをそのまま使っていましたが、フロントスクリーンだけは、いまどきのショートタイプに変更していました。しかし、4年も経つとだんだんと曇ってきまして・・・・スクリーンってやっぱり、消耗品なのかなぁ~~~また、交換しないとならないのかなぁ~~~ ショートタイプは1万円ちょっと、のお値段です。買えないこともないですけど、節約できるので...

続きを読む

車検

 なんとなんと、2回目の車検を迎えることができました。つまり満4年、乗り続けているのですね。この間、転倒もなく、事故もなく、良かったです。 車検は無事に通りました。マフラーもいったん、カーカーの静かなマフラーに変えました。 ついでにオイル交換も終了走行距離は2万8千キロ、1年で7000キロですね。まあまあ、よく走ったかな? エアクリーナーも交換しました。  左が付いていたクリー...

続きを読む

標高1000mの風 最後のその6 

テントを立てると、ホテルの本館で風呂に入った。キャンプ場でありながら、心地よくゆったりと湯船につかれることは嬉しかった。シャンプーで一日中かいた汗と汚れを落とすと、生まれ変わったようにさわやかな気分だった。二人でホテルの外にでると、すでにあたりは夜の闇に包まれていた。気温は22度と温度計に表示されていた。テントサイトへ戻り、少し遅い時間だが、ゆっくりとバーベキューの準備を始め、僕は炭をおこすことに熱...

続きを読む

標高1000mの風 その5

ゲレンデの外れに建っているペンションのすぐ脇から、道路が始まる。上りは、もともと小さな集落を通り抜けてゆく旧道を通った。そして、このハチ北スキー場と国道を結ぶために、新たにつくられた道を下っていく。こちらは道幅も広くつくられ、一見走りやすそうだった。しかし、アスファルトがタイヤチェーンによって削り取られた、小さな砂のような粒子が、路面を覆っていた。フロントタイヤが跳ね上げる削りカスが、フェンダーや...

続きを読む

標高1000mの風 その4

エイプハンガータイプのハンドルバーが特徴の、ローライダーに乗る彼が声を掛けた。「ずいぶんと空気が乾いてすっきりしてきましたね」「ほんとうだ。気が付かなかったですね。温度も下がって涼しく感じますね」目まぐるしく変わっていくオートバイの周りを囲む風景ばかりに気を取られ、標高が上がったためにずいぶんと気温が下がったことに気づかないでいた。言われて初めて、頭をしっかり覆っていたジェットタイプのヘルメットを...

続きを読む

標高1000mの風 その3

国道9号で走り続けると和田山、八鹿を抜ける。どれもこれまでに何度も通り過ぎた街々だった。以前はよく冬にこの道を通ってスキーに行った。だから何度も通ったとはいえ、ミラーシールド越しに飛び込んでくる景色は今とは全く違っていた。繰り返し見た濡れた路面、ところどころに残る雪のかたまり、重く垂れこめた厚い雲、いずれもが異なっていた。この道にどちらの景色が似合うのだろうか、そんなことを考えてみたが、この街に住...

続きを読む

標高1000mの風 その2

日差しをさえぎることのできる無料休憩所で、 しばらく火照った体を休めていた。僕らは走行中はほとんど会話はしない。共通の友人からライダー用簡易通話装置を勧められたことが一度あ った。しかし、面倒な装置に頼って走りながら会話を楽しむ、 ということ自体に僕ら二人は抵抗を感じた。最低限に必要なことは信号待ちのときにヘルメットのシールドを開 けて話す。大きな音量のするマフラーに換装している僕らのオートバイは、ア...

続きを読む

プロフィール

MAX

Author:MAX

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR